04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

豚バラしゃぶしゃぶ山椒炒め

2012.05.18 08:06|家庭料理
そろそろ真面目に自炊をしようとしている独り暮らしの旧友(後輩)がいるので、彼に宛てたお手紙みたいな記事です。レシピブログからいらっしゃった方には申し訳ないのですが、今回はすごく簡単なお料理。とはいってもちょっと変わった食材、山椒の実のビン詰めを使ってみました。料理を始めたばかりのころは下手なくせに色々な食材を使って合わせてみるという実験をくりかえしてました。もちろんそれは楽しいことで、色々な発見もあり、どんどんやっていいとも思いますが、反対のベクトルの存在を確認するのも必要だと思います。そこで、料理超初心者の友人のためにシンプルなお料理をと思いました。あまりにもクドイ説明に思われるかもしれませんが、以上の事情にてご容赦頂きたく。

山椒ビン(5/1)
山椒とはこちらです。旬の山椒の実には香も辛みも及びませんが、多目に使ってもいいので使いやすいですね。
シンプルに今日はこの山椒の実と豚肉(バラ薄切り)だけなんですけど。これが手に入らなければ刻みネギでもいいです。そのときは塩と胡椒で味付けした方がいいと思います。

豚バラ片栗粉(5/1)

えーーー!と思うかも知れませんが、今日の豚バラは炒めますが焦げ目をつけません。
1.豚バラの薄切りにカタクリ粉をまぶし、10分ほど置く。
まぁカタクリ粉なんて安いですからケチることはないです。寝かせるのは粉に水分がまわるようにです。下味もいらないですよ。そんな難しいことしても仕方ないです。難しくなるだけだから。
豚バラ下ゆで(5/1)
2.沸騰したお湯に1を入れ、肉が浮いてくるまでゆでお湯を切る。

沸騰させる必要は全然ないです。20秒もいらないかな。少しくらい赤くても平気。後で炒めるから。

豚バラジャーレン(5/1)

こうやってお湯きりますけど、ザルでいいですよ。ただ、ザルだと片栗粉が目に詰まることもあるので、我が家ではジャーレンです。これ学生のころに6000円で買ったんです。もちろん6000円は今でも大金ですよ。でもあの時は凄い破壊力でしたねぇ。だから大事にしてます。便利だし、料理上手になろう!っていつもこれ見ると思います。

豚バラ山椒炒め中(5/1)

3.フライパンに油を敷いて熱して置き2を一気に入れて炒める。山椒の実を入れて塩だけで味付けする。

胡椒はいれません。山椒が入ってますからいらないです。胡椒を入れるなら山椒はいらないですよね。豚の香りと山椒の香りのコラボを素直に頂くというお料理です(テフロンのフライパンがやりやすいですよん)。

豚バラ山椒炒め(5/1)


まぁ、仕上がりはこういう写真になりますよね、つまりフライパンの中とかわらない。そういう意味ではつまらないかも知れませんが、カタクリ粉をまぶしてお湯を通すという手間だけでとっても美味しくなります(レシピブロガーの方ならよくご存じだと思いますが)。味付けも簡単ですしね。初心者には良いお料理だと思いますが如何でしょうか?もっとも僕も主夫一年目なので初心者なんですけど、後輩に教えるとなるとちょっと威張りたくなっちゃうんですね。大したものでもなく、本来私信ですませればいいのですが、彼が主夫になった僕を応援してくれていて、毎日訪問してくれて、ハリキッてポチポチとしてくれるので、そのお礼も兼ねてブログ上に登場してもらいました。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。