04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

アスパラのノンオイルホットマヨネーズ添え

2012.05.17 08:30|おつまみ系
ホワイトアスパラガスというのはほんの僅かの間だけ食べられる食材で毎年のこの時期は楽しみですが、いつも決まった食べ方しかしません。茹でてマヨネーズ!確かに最強です。が、僕の様に39歳くらいになると、本当に健康のことが気になり、作り方(油タップリですよね)まで知っているとどうしてもマヨネーズを避けてしまいます。ということで我家にはマヨネーズがありません。なんとか油の入ってないマヨネーズをと思ってたときに思いついたのが今回の記事で紹介するノンオイルホットマヨネーズです。あはは。家でそう呼んでるだけで実態は大したものではありません。レシピブロガー庭乃桃さんの4/19、20の素敵な記事をリスペクトしつつの投稿です。
アスパラ皮むき(5/1)
1.ホワイトアスパラガスの皮を写真のようにだいぶ上からむく。
ここをケチると美味しくないですよね~。以前どうしてもホワイトアスパラが固いってレストランの人と雑談したら、「皮タップリむきますよ」って教えてくれたんです。案外簡単なことで失敗しますよね、料理って。
アスパラ茹で(5/1)
2.沸騰したお湯にホワイトアスパラガスの皮をいれたあと、穂先をもちアスパラの根本から入れる。しばらくして全体をいれ、柔らか目が好みの人は15分くらいゆでる。

熱いよ~もう持ってられないよ~と思ったら手を放すんでいいですよ。そりゃ本には根本は何分ゆでるとか書いてあっても、熱いんだから。自分の手蒸してもしょうがない。そんで食べるときまでこのまま保存していいです。

さて、やたらと大げさにノンオイルマヨネーズなぞと名前をつけましたが、なんてことはないんですよ。
実はゆで卵をミキサーにかけるだけ。「作り方の順番を変えたスクランブルエッグ」です。本当は名前あるのかなぁ。ご存じの方は教えてくださるとうれしいです。スクランブルエッグは「混ぜてから火を入れる」のですが、こちらは「火を入れてから混ぜる」卵です。

卵ゆで(5/1)
3.たまごを常温に戻す

4. 沸騰したお湯で静かにいれ5分湯でる。

流石にここは僕でも時計をつかいます。また沸騰したお湯に入れるので常温にしないと割れちゃいます。


瓢亭卵(5/1)

ごぞんじ瓢亭卵です。切るとこんな感じ。半熟ゆで卵ですよん。

5.4で作ったゆで卵と塩をミキサーにかける。


6.温めたホワイトアスパラに5をかける。

アスパラ卵(5/1)

写真は卵2個分です。これは色々なアレンジがあると思います。例えば今回は入れませんでしたが、少しだけ酢をいれてみるとか、ディジョンマスタードを加えるとか、ほんのちょっとだけ水を加えて緩くするとか。スクランブルエッグではだめなの?と思われるかもしれませんが、もちろんダメな理由なんてないです。美味しいとはおもいますが、油をつかいますね。あと、香が全く異なります。今回の調理方法だと白身の香りがたちます。ふしぎですねえ、卵に熱を加えてぐちゃぐちゃにするだけなのに、順番を変えるだけで、けっこう違ったものになっちゃいます。白いアスパラとよくあうと思いますが、如何でしょうか。温かいうちに是非どうぞ。

追記
今回は卵を少し暖かいままミキサーにいれたので、早めに食べないとかたまりだします。
氷水で一気に冷ましてからだと、色々なサラダに合うかもしれませんね。友人からの質問だったのでお答えしました。








こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。