04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

初モニタリング・カレー2(シンプルカレー3種)

2012.05.16 08:10|エスニック系
さて昨日のお約束どおりカレーを3種つくります。コンセプトですが、

「旨みを抑えて、香りをぶつける」

です。ん?旨みないの?ってご質問ですが、「だってご飯と塩だけのおにぎりって結構おいしいじゃん!あれよりは複雑さ!よくお米噛めばいいんだよ、甘くなるまで。あはははは」って気持ちで作って下さい。今回はご飯もタイのお米ジャスミンライスを使います。お米もスパイスの一部と捉えました。もちろん普通のお米でもいいです。
玉ねぎセロリ炒め(5/14)

旨みは抑えますが、野菜の甘さは借りることにします。左はセロリのみじん切りを、右は玉ねぎのみじん切りを炒めたもので、これをルーとして使います。両方合わせたらもちろん複雑で美味しくなるでしょうが、昨日述べたとおり、引き算から始めようと思いますので、別々に使います。ちなみにスパイス1の表示に対して3振り(小さじのスプーンの半分くらいかなぁ)です。

0.セロリのみじん切り、玉ねぎのみじん切りをそれぞれ油で炒める。


パプリカ皮むき(5/14)

一品目はパプリカのカレーです。赤ピーマンを使うことによりレッドペッパ(トンガラシ)が沢山入っても色がそれほど変わらないようにと思います。辛いの好きな人は思う存分いれて下さい。クミンやターメリックなどは色を変えない程度に入れようと思いました。

1.パプリカをコンロで焼いて皮を黒こげにして、水につけて皮をむく。


パプリカミキサ(5/14)
パプリカは香りもなかなか素敵ですので、ここはセロリの香りとぶつけることにしました。ミキサーにかけます。ミキサーが回りやすいように水を入れてもいいですね。また、僕はちょっとだけパプリカを取っておいて、みじん切りにしたものを後から加えました。ちょっとした歯ごたえを楽しもうと思って。

2.パプリカに0で炒めたセロリも入れてミキサーにかけてソースにする。


パプリカスパイス(5/14)
3.生姜とニンニクのすりおろし、レッドペッパ、クミン、ガラムマサラ(2:1:1)を入れ油でゆっくり炒める。

4.3に火が通ったら2をいれて塩で味付けして少し煮る。
赤い色を生かしてレッドペッパを多目にしました。

マンゴーカレースパイス(5/14)
2品目は鶏肉とマンゴーのカレーです。これだと、黄色い色素を持つターメリックを多目に使えるとおもいました。ここからの手順はアルファベットで。

[A]. 0の玉ねぎにニンニク、生姜のすりおろしを入れ、クミン1、ターメリック2、ガラムマサラ1、胡椒1、レッドペッパ1/2を入れ弱火で炒める。


マンゴー刻み(5/14)
[B]. 鶏のササミ肉を一口大に切り小麦粉を振りAに入れ炒め、火がとおったらマンゴーを入れる。

マンゴーは左の写真のように刻みました。ジュースにしちゃってもいいかもしれませんが、そんなにシッカリ火を通さなくてもいいし、ちょっとかたまりが残っていてもいいかなぁと思って。

マンゴカレー煮(5/14)
[C]. 塩で味付けをして、味が整ったら、ココナッツパウダー小さじ2を足し、少し煮込む。

ココナッツパウダーは香りと甘みを持ってますからここで白コショウや僅かなレッドペッパを加え辛さを調整して下さい。僕はほんのちょっとだけ白コショウとレッドペッパを加えましたが、色には影響がありませんでした。


レンズ豆煮る(5/14)もう一品はレンズ豆のカレーです。
[ア]. ピンクのレンズマメ(皮をむいてあるレンズマメ)を茹でて火を通す。

[イ]. Aと同じものを用意する。

[ウ]. アの半分をミキサーにかけ、半分はそのままにして[イ]に加え塩で味付けをする。



カレー3種(5/14)

ということで3つできました。玉ねぎとセロリを炒め終わっていれば、おおよそ40分程で出来上がりました。鶏肉とマンゴーのカレーはある程度のうまみを付けたつもりですが、あと二つはうまみをぐっと抑えて、なるべく香りで勝負しようとおもいました。カレーのスパイスは作ったそばから熟成が進みだし、スパイスも塩味もどんどん丸くなります。提供する前にちょっと塩味の確認はした方がいいと思います。スパイスもそのときお好みで!



っておいレシピの比率とかってなんなんだよ!それに1に対して3ふりって出具合によるじゃないか!


と、お怒りになるのもごもっとも。でもねぇ、そんな微妙なもの作ってませんよ。黄色いカレーにはターメリック多く使おうかなっ、辛いのも作りたいから赤いカレーも作ろう!て感じ。胡椒の延長くらいでスパイス使ってます。だから最後は塩さえ入っていれば平気。それに胡椒みたいに後で足したっていいじゃん!あとナイショだけどね~、ハウス食品さんって素敵だなぁって思ったのは、あのスパイスのラインアップ、

「ニンニク、生姜、クミンさえ入れとけばあとは何を加えてもカレーとして更に美味しくなる組み合わせばかりです」

もちろんこだわるのも素敵!でも気楽も素敵!ハウス食品さんの素敵な心使いですね。ん?だからこだわれ!って?いいのいいの。こだわらないのがこだわり。あはははははは。

また、三つ作ったのですが、お米の上でそれぞれを混ぜるのも楽しかったですよ。




まとめ

材料(三人分)
鶏ササミ(2本)
皮なしのレンズ豆(70g)
赤パプリカ(2個)
玉ねぎ(小2個)
セロリ(下半分、およそ90g)
マンゴ(一個)
すりおろしニンニク(各カレー小さじ2~3)
すりおろしショウガ(各カレー小さじ2~3)
小麦粉:適量
塩:適量
ココナッツパウダー:少々


使用スパイス:クミン、レッドペッパー、ターメリック、(ハウス)、胡椒

各スパイスとも、レシピでは比率で表していますが、1が大体2振り~3振りくらいです。

所用時間:60分

作り方

下準備:玉ねぎとセロリをみじん切りにしてそれぞれ軟らかくなるまで炒めておく。

(パプリカのカレー)

1.パプリカをコンロで焼いて皮を黒こげにして、水につけて皮をむく。

2.炒めたセロリと1のパプリカを合わせてミキサーにかけてソースにする。

3.生姜とニンニクのすりおろし、レッドペッパ、クミン、ガラムマサラ(2:1:1)を入れ油でゆっくり炒める。

4.3に火が通ったら2をいれて塩で味付けして少し煮る。

(鶏とマンゴーのカレー)

A. 炒めた玉ねぎ(分量の半分)にニンニク、生姜のすりおろしを入れ、クミン1、ターメリック2、ガラムマサラ1、胡椒1、レッドペッパ1/2を入れ弱火で炒める。

B. 鶏のササミ肉を一口大に切り小麦粉を振りAに入れ炒め、火がとおったら刻んだマンゴーを入れる。

C. 塩で味付けをして、味が整ったら、ココナッツパウダーを足し、少し煮込む。


(レンズ豆のカレー)

[ア]. ピンクのレンズマメ(皮をむいてあるレンズマメ)を茹でて火を通す。

[イ]. 鶏とマンゴーのカレーの[A]と同じものを用意する。

[ウ]. アの半分をミキサーにかけ、半分はそのままにして[イ]に加え塩で味付けをする。

各カレーとも、提供前に味見することをお勧めします。少し時間が経つと塩も含めて少し丸くなると思います。スパイスもその時にお好みで。

【レシピブログの「手作りカレーパウダーで本格派!我が家で人気のカレーレシピ」モニター参加中】

手作りカレーパウダーの料理レシピ
手作りカレーパウダーの料理レシピ



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。