04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

お野菜だけのグリーンリゾット

2012.05.14 08:00|家庭料理
早いものであっというまに5月の半ばにさしかかりました。五月といえばイメージカラーは緑ですね。の字でもいいですが、もう少し後かな。
もちろん新緑の月でもあり、春が訪れ、夏が来る準備をする月でもありますから緑のイメージは当たり前です。そんな緑の時期にお贈りする、緑の緑による緑のためのお料理を作ってみました。これで女優の五月みどりさんが作れば完璧なのですが、主夫太郎作ですみません予約投稿記事があったのですが、あまりにも緑の時期に相応しいお料理なので割り込みさせました。作ってから公開まで9時間未満のフレッシュ記事です!といってもこの時期独特の材料でもないですが、そんな無粋なツッコミはいけませんよ、僕が傷ついちゃいます。

お料理を始めたお友達(後輩)のために少しクドい説明になってますが、レシピブログの方すみませんね。
材料はネギ、アボガド、ブロッコリーと塩・胡椒・オリーブ油とお米です。リゾットをつくるのに、ハムとか旨みの成分を出すものは一切使いません。だってそんなことしたら緑にならないもの!!
グリーンリゾ(5/13)

1.ネギは一ミリ幅で刻み、ブロッコリーは房に分け、茎の部分も皮をむいれ小さく刻む。アボガドは皮と種をはずしてお好みの大きさに。

グリーンリゾ炒め(5/13)2.ネギを弱火で炒めたあと、お米を炒める。

ここで強火はいけませんね。米がポップコーンになってもいけません。ネギも香ではなく甘味をだすので弱火でいいです。玉ねぎでもいいですけど、緑が生きてきませんから、今回は芯が少し緑になったネギを使いました。油が回ればそれで十分。表面に油がまわったら次の工程です。

グリーンリゾ調理1(5/13)
3.水をひたひたになるくらいに入れる。

僕の家のお米が少し古いのでお水は4回にわけて入れることになりましたが、新しい米なら3回くらいかな。水をこまめに足すのが失敗しないコツですね。足りなくなったら入れればいいんですから。



グリーンリゾ調理2(5/13)
3.水が飛んで表面の米が目に見えだしたら、アボガドを入れ、また、ひたひたになるまで水を足す。

本来はリゾットはチーズを入れるのでしょうけど、今回はアボガドに代役を頼みます。本当に体に良いかなんて知りませんよ。でも野菜だけで作るってのが何となく健康気遣い感アリアリで満足するじゃないですか!栄養学に詳しいひとフォローお願いしま~す!


グリーンリゾ調理3(5/13)
4.再び水が飛んだらブロッコリーをいれ、塩と胡椒で味をつけだす。

5.お米が好みの硬さになったら出来上がり(必要に応じて少しづつ水を足す)。
ここは感覚になりますね。お米は少し硬いくらいが美味しいと思います。炊いたご飯からつくるリゾットはこのあたり調整できませんが。


グリーンリゾ(5/13)

予想外の発色でしたが、スマホでは発色が悪く、すこしだけフォトショップで修正しました。お皿まで緑がかって見える場合はお皿の白が自然になるように画面の上なり下なりから覗いてみて下さい。とにかくお気に入りの緑が出たのですが、アボガドの熟れ具合がちょうどよかったのだと思います。白ワインのお供にご機嫌に頂きました。アボガドの油がチーズとまた違い、結構よい思いつきだったと思ってます。酔っ払いの瞬発力で思いついたお料理でしたが、我が家の定番になりそうです。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。