04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

仙台麩と山百合

2012.05.11 08:00|家庭料理
4月の末ごろ仙台に行って来ました。そこには業務スーパと同様に大量に食品を売っているサトウ商会ってのがあって、仙台に住んでいるころはよく利用していたので懐かしくなってぶらっと入ったんです。そうしたら、前から探していたものがあったんです。

山百合(4/26)僕は吉永小百合、菱見百合子(ウルトラセブンのアンヌ隊員)、「ナイン」(あだち充)のヒロインである中尾百合、男はつらいよのヒロイン、リリーなどユリは随分好きなようですが、なんといっても「百合の花」の干物はいいですねぇ。小さいころ母がよくこの百合の花を煮ものにしてくれたのですが最近は食べてませんでした。見つけたので小躍りしながら買いました。しかも300円くらい。安い!


仙台麩(4/26)

左の写真はレシピブログのブロガーさんならご存知な方も多いとは思いますが、仙台油麩。仙台に住んでいるときは一回も食べませんでしたが、とっても美味しいというのを聞いて仙台を離れてから購入するようになりました。仙台だと普通のスーパーで売ってます。食べてみると、とっても香がよい麩なんですよ。色々美味しい麩はあると思うのですが、是非試して頂きたい食材ですね。



麩の長さ(4/26)

大きさはこんな感じです。まぁ、びっくりするようなものではないですが、個人的にはフランスパンみたいに見えます。


今回はこの大好きな食材に加えシラタキを使い、本当に簡単に煮物にしました。百合の花も仙台油麩も良い香りを持っているので、カツオだしを使わず、わずかな煮干しのダシで煮ものにしました。砂糖と醤油で味付けです。
また、仙台油麩ってことで薄口醤油を全く使わず東らしい「黒い煮物」です。関西の方は、「なんやねんこの黒いの!煮物ちゃうやんけ、ワレ!(正しい関西弁かは知りませんが)」と思うかもしれませんが、その土地のものをその土地の調味料でってのも美味しいですよ。もちろん違う地域の食材が合わさるのも素敵ですけどね。今回はど~んと東北!!

山百合と麩の煮つけ(4/26)

1.百合の花はぬるま湯で30分もどす。
2.シラタキと戻した百合の花をごま油で炒め、煮干しを少しいれる。
3.水をさし、醤油と砂糖で味を調える。麩に汁を吸わせるので少し多目の汁で煮る。
4.麩を加え少し煮たら冷まして味を染みこませる。


追記

レシピブログ・ハウス食品(株)主催のモニタリングキャンペーンに当たったみたいです。
スパイスがおうちにやってきました。正直言うと当たるなんて思ってませんでした。だって、僕何かに当たったなんてことなかったんだもん。スパイスの基礎研究シリーズを始めるか、レシピにするかも含めて熟慮中です。思いっきり「引き算」で行こうかなという野心と、色々足したいという野心と交錯中。先輩レシピブロガーの皆さん、相談に乗って下さいね。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。