04 | 2012/05 | 06
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

習作:鳩を隅々まで(お料理編)

2012.05.09 07:59|肉料理
この記事の本文は予約投稿なのですが、昨日コメント頂いた方から「明日の料理が楽しみです」という趣旨のコメントを頂き急遽冒頭文を追加します。

すみません。何の工夫もしないローストです。ただ、部位は全部使いました。工夫はしてないのですが、鳩には敬意を表してるつもりです。そこのところ是非是非ご理解いただけたらと思います。

さてさて詳しい部位です。

鳩一羽(4/16)左上の茶色いのが肝(肝臓)です。
右上2本がモモ肉です。昨日も書きましたが、手羽より小さいです。飛ぶ鳥なのでね。
その下に上下に並んでいる二つが左右の手羽with胸肉

左下のヒョロッとしたのがササミです。
お肉勢揃いですね。一番ボリュームがあるのが胸肉ですから、焼く前に手羽と切り離します。


鳩心肺(4/16)
ちょっと女性からは気持ち悪いといわれそうですが、肺と心臓です。真ん中が心臓です。心臓は固いですね。肺はクニクニといった柔らかさですが鮮血を含んでいました。なるほどここで酸素を取り込んでいるなぁと思います。
もちろん頂きますよ。

鳩ガラスープ
ガラも無駄にしません。スープを取りました。鶏ガラスープと同じ方法でとりましたが出来上がったのは鳩ガラスープですね。多分僕の生きている間には鳩ガラスープ(顆粒)は売り出されないと思うので欲しくなったらこの方法で取るしかないですね(笑) 鶏より小さいので鍋も小さ目です。鳩のにおいがするスープです。シッカリとした味もでて、ソースに使った余りは次の日にスープで頂きました。


鳩ロースト

あんまり上手に写真が撮れなくて残念でしたが、手前が鳩の胸肉です。その右わきの黒いのが鳩ガラスープで甘く煮た肝です。煮汁をソースにしました。奥のお肉の中央がもも肉で、右が手羽。一番左にある、にょろっとしたのがササミで、ササミに乗っかってるのが心臓。その手前が肺です。心臓は半分にしてあり、写真で半羽分です。何の工夫もなく焼きましたが、モモとムネは血が滴るくらいレアが美味しいです。もちろん、各部位の大きさに合わせてフライパンに入れるタイミングをずらしています。ササミなどは表と裏10秒づつくらいかな。焼いた時間と同じ時間、お肉を放置して下さい。鳩の香は格別ですね。肺は独特の柔らかい触感でしたし、心臓はコリコリとしていて、手羽もモモも、骨をしゃぶるのが美味しいです。赤ワインと一緒に頂きました。鳩を隅々まで頂きました。結局捨てるところはなかったです、というより捨てる気になれませんでした。

普段見慣れたお肉の形ですとどうしても食べ物としてしか食材を見ません。こういう鳩の解体というのをやってみると本当に人間は命を頂きながら生きていると実感できますね。そして多くの人が食材に関わり我々が高度な文化的な生活を出来ているのだなぁと実感できます。僕は「食育」という言葉を振りかざして文部科学省が何やら怪しいことをしているのは嫌悪感をおぼえますが、食から学ぶことは多いと思います。じゃ、なぜ文部科学省に嫌悪感を覚えるかって?
ふふふ、それは「生きるために学ぶ」ことは国が関わればいい、でも「生きることを学ぶ」ことは国が関わるべきではないと思うからです。まぁ、国語がヘタな無学なおじさんのたわごとと思って流して下さいな。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。