02 | 2012/03 | 04
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ゴマフグのつみれ汁

2012.03.30 08:30|魚・貝料理
以前ゴマフグが安く気に入っているという記事を書きました(庶民のフグ!ゴマフグ参上)。フグに火を通した時の香ばしさ好きです。ちょっと多目に買ったので保存性を考えた一品を紹介しようと思います。ワインにも日本酒にも合うつまみを作るついでにお吸い物をつくりました。

ゴマフグさばき(3/26)ゴマフグに塩を塗り付けて一日おきました。ただ、単にちょっとだけ日持ちさせようと思っただけで、この下処理に意味はないですが、あとで味付けする必要がないですね。背骨はとっておいて昆布と一緒にダシをとっておきます。

ゴマフグダシ(3/26)

昆布と背骨を僅かな塩を入れ弱火で煮ます。そんなに長く煮ると昆布が悪さします。昆布のぬめりがフグのアクをまとめてくれますからアクは取りやすいです。一応ザルで崩れた身なぞを漉すとこんなきれいなダシがでます。色は殆ど昆布ですかね。でもフグのうまみがしっかり出てます。

ゴマフグミンチ(3/26)
1.フードプロセッサーに卵白と切り身をいれてミンチを作る

分量は?と聞かれそうですが、フードプロセッサーがご機嫌に回るくらい卵白を入れましょう!塩を塗り込んでない人はここで塩を足した方がいいです。少しだけ焼いてみて塩味を確認しましょう。



ゴマフグ蒸し(3/26)2.1で作ったすり身をバットに伸ばしてアルミホイルで蓋  をしてオーブンで湯煎する(110度で30分)

1に片栗粉などを混ぜておくと少しふっくらしますが、正直入れ忘れました。でもフグバーガー見たいのができてお気に入りになりました。胡椒を聞かせるとあっさり美味しいハンバーグみたいです。


ゴマフグ焼き(3/26)
3.2で蒸したものを四角形にきり表面に焦げ目をつけま   す。

4.背骨でとったダシに塩と薄口しょうゆで味をつけネギ、  オクラ、シメジを入れ火を通しお吸い物を作る。3を椀  に入れこのお吸い物を掛ける。



ゴマフグ汁(3/26)

フグのダシって美味しいです!本当に上品。鰹節のような強さはなく優しいですが、味はとてもいいです。3で焦げ目をつけたものにチーズを乗せて溶かせば、ワイン・日本酒に合うつまみになります。お吸いものが豪華だとお米を使ったお食事が楽しくなりますからお吸い物は今後も色々チャレンジしたいです


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

レイシス1

2012.03.29 08:30|ワイン
思い出のワインシリーズ4

前回のコルテ・レアルに続きスペインのワインで、こちらも変わり種です。まずは基本データから。

レイシス(3/22)
レイシス1 (エチケットにはないが1998年らしい)
産地:スペイン
品種:モナストレル、テンプラニーリョ、ガルナッチャ
価格:3780円(京橋ワイン2011年2月に購入)
~豆知識~
ジャン・マルク・ラファージュさんというワインをブレンドすることに関しては有名な人がワインをブレンドして作りだしたもの。スペイン原産品種のモナストレル、テンプラニーリョ、ガルナッチャの3品種を混醸しているが、別々に仕込まれたワインを混ぜ合わせることで作られている。3万本限定生産で次のビンテージの予定はないらしい。

ワインをブレンドして作るワインというのは、なんとなく邪道な気がしてしまいませんか?生産者が自らブドウを作り、醸造し、一つの品種、一つの樽に命を懸ける、そんなワインのウンチクを聞かされながら飲むワインはそれはそれは物凄く美味しく感じるに違いありません。

このワインは全く逆。ブレンドで勝負!!

いいじゃないですか!!しかも3万本限定でシリアルナンバー付。よくよく考えてみると3万本が多いのか少ないのかは微妙なのですが、次のリリース予定が無い!というのが僕やカミさんのような俗物に伍するを潔しとしない俗物の購買欲を誘ってしまいます。そう、何が思い出ってこのワイン限定だからという理由である分だけ見ると買い集めるんですよ。僕らが馬鹿になっちゃったワイン。

もちろん美味しいと思ったから紹介してます。ブルゴーニュのワイングラスで飲んでますが、香りがとてもいいですね。ガブガブ飲む系ではなくじっくり飲むタイプ(フルボディ)で、落ち着いて長い時間かけて飲みたいなぁと思うときに開けます。現在10本ほどストックがありますが、今後手にはいるのかどうかは解りませんねぇ。もちろん見たら即買いですが。

それから、僕はグルメな人間でも味の分かるワイン通でもないので一寸のウンチクと一緒ならワインをとても美味しく頂いてしまいます。あとになって宣伝文句ほどでもないなぁ、と冷静になることはありますが、基本は「酒のみ」ではなく「酒とウンチク飲み」ということを告白しておきます。もちろんブログで紹介するワインは何度か飲んで美味しいと思ったワインだけにするつもりですけれどもね。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

カジカ2、こんどは野菜タップリ味噌汁で

2012.03.28 08:30|ダイエット
鎌倉武士の食事は基本が
一汁一菜
だったそうです。もちろんその一汁にはタップリの具が入ってなければ戦なぞできないわけですけどね。今回は干物なぞを作っていて夕食の準備に時間が取れなかったのでこの鎌倉武士風ディナーでその場しのぎ。カミさんにも鎌倉武士がいかに質素に、しかもとてもバランスよく栄養をとっていたかの能書きを述べてだまくらかしながら、いやいや、ウンチクを調味料にしながらの、おかず兼お吸い物という味噌汁です。煮干しでダシをとるのもいいのですが今回3匹でとても安かったカジカを使います。そう、あのカジカの清蒸で紹介したカワイイおさかなです。もっともお魚は白身ならなんでもいいとは思いますが。

カジカ開き(3/21)1.3枚におろします。

脳天から竹割!にしたおかげで、やっと横に寝てくれたって感じですね。初めてさばいたので体の構造が分からずちょっと骨に身がのこり気味なのは仕方がないな。綺麗な白身です。

カジカ骨抜き(3/21)
2.身は良くさわってみると小骨があるので毛抜きで抜きま  す。

小骨は多かったですね。予想外のところに骨があり出来上がったものでも骨が少々残ってしまいましたが、主夫の初心者ってことで許してくださいな。

カジカダシ取(3/21)3.頭と中落ちと昆布でダシを取る。

もちろん中落ちも頭も無駄にしません。昆布と一緒にゆっくりとアクを取りながらダシとりです。
驚くほど澄んだダシがとれてうま味豊です。薄口しょうゆを落として柚子だけでお吸い物にしたい気分でした。でも今日のテーマは一汁一菜なのでぐっとこらえます!!


カジカ汁野菜(3/21)

人参、シメジ、大根の下ゆでしたもの、ゴボウです。これに加えてコンニャクも用意して具にします。やはりゴボウが入ると鎌倉武士の質実剛健さを実感できる気になりますよね、多分....。

カジカ汁調理(3/21)
4.野菜とコンニャクをゴマ油で軽く炒め油が軽く回ったら  3で取ったダシを加える。

この写真でみればわかると思いますが、凄く澄んだダシでしょう?

5.味噌を溶きいれ味を調えたらカジカの切り身をいれ余熱で火を通しておき、食べるときに再び温める。
カジカ汁(3/21)

味は上品なのですが、豪快な煮込み料理になりました。色々なお魚でも美味しくできるとおもいますが、カジカのあのごつごつとしたのを味噌で煮たという豪快さがお気に入りになりました。野菜タップリで油も控えら、汁ものでおなかも膨れますから十分なダイエットメニューっていえますね。肝が痩せててあまりよいものでなかったのは残念です。また今度ですね。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

切干大根のキンピラ(ダイエットお弁当のおかずに)

2012.03.27 08:30|常備菜
今回はラブリーな後輩、ゆうこちゃん、が

お弁当に使えるネタお願いします.まねできるように手抜き系希望です

というメッセージを下さったので、タイトルだけで想像付いちゃうでしょうけどご希望に応えて。御気に召さなかったらゴメンm(_"_)m、ゆうこちゃん。またリクエストに応えているので少し丁寧で長いです。

お弁当はその日の朝に火を使って何品も作るのはとても大変。できれば作り置きの品が何品かあると助かる。それを手抜きと呼ぶかどうかは別として、土曜か日曜に作れて一週間持つものということで選びました。材料は切干大根ニンジン、煮干し、ゴマ、調味料です。

1.切干大根をぬるま湯に2分程つけてもどして、ザルにあげておく。煮干しは頭とはらわたを取ってお   き、人参は棒状に切って置く。
後で煮るのでそんなに戻す必要はないです。扱いやすい柔らかさになっていれば十分です。

人参炒め(3/26)2.人参を弱火で炒める(オリーブ油がお勧め)。

火を入れようなんて思わなくていいです。「油が人参になじめばいい」という意識で十分です。また冷たい状態で食べることが多いお料理なのでサラダ油よりサラッとしたオリーブ油がお勧め。
人参大根炒め(3/26)
3.切干大根も油を回すという意識で弱火で炒める。軽くお  砂糖を振る
火を入れるという意識もいらない。焦がす必要はないですが、お砂糖のにおいが立ってくるくらいで十分。何故か僕はここで少しお砂糖を振るのが好きですねぇ。
煮干し投入(3/26)4.頭とはらわたを取った煮干しをいれる。

5.油が全体になじんだら、お酒少々と水を全体が被る程度  に入れる。

さて、入れたお水を飛ばすように煮てゆきますが、この時に味付けです。先ずは砂糖から。

煮る(3/26)6.砂糖(蜂蜜も僕は好きです)を入れ沸騰するまで煮て、火  をいったんとめて冷ます。

ここで「冷ます」とは火をとめて10分程度待つだけ。ここで味を確認しましょう。冷めた状態で食べるのだから冷めた状態で味見します。まだ、水が飛びきってないのでそれを考えながら味見しましょう。薄味くらいでいいです。

7.砂糖が足りなければ足し、さらに少しだけ塩を足し、あと一回で水が飛びきるだろう、というところま  で火を入れたら今度はしっかり冷ます。冷めたら塩と醤油を足してこの段階で味見をする。
焦げない程度に強い火で大丈夫です。「ご飯が無くても美味しく食べられるなぁ」という程度の味にしておくと煮詰めたあとご飯に合うと思います。

8.再び火を入れて水を飛ばし火を消すときにゴマをお好みで入れる。
まだ、水っぽいなと思ったらもう一回火を入れてまた冷ましましょう。冷ますときに何回かかき混ぜると水が飛びやすくなります。
切干大根のキンピラ(3/26)
僕はこんな感じの色にするのが好きですので、醤油を入れるとき3分の1くらいは薄口醤油と少々のお塩をつかいます。丁寧に書いたから手間がかかるように見えますがそんなに手間はかかりません。また、味は煮込むときではなく冷めるときに染みこみます。ここでは3回ほど冷まして優しく味を染みこませてます。また、その度に味付けをしているので、失敗しないというメリットもあります。水がなかなか飛ばないなぁと思ったら鍋を傾けて、汁だけ沸騰させて時短してみて下さい。ゆうこちゃんどう?もちろん他の読者の方もお試し下さい。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

葉ゴボウとあさりの蒸し物

2012.03.26 08:29|ダイエット
題名だけでどんな料理が出来上がるか分かってしまうのだけど、それでも紹介したいです。恥ずかしながら僕は「葉ゴボウ(別名:若ゴボウ)」という野菜を知りませんでした。新種の野菜ではなく昔からあるものだそうで、まだまだ知らない野菜があるものですねぇ。しかも大阪で作っている野菜だそうで、こんな都会で野菜の名産品があるってのは驚きでした。
葉ゴボウ(3/22)

こんな感じの形です。ゴボウかと思うと随分ケチな根っこなのですが、根っこはおまけの食べ物で、主に葉と茎を食べます。今回購入したものは葉っぱがヘタれていたので廃棄して茎を使うことにしました。といってもどんな野菜か全く知らない。

あさり(3/22)アクがあるらしく一度茹でこぼすらしい。困ったなぁ、困ったなぁ、って困ったときのコハク酸ですよ!貝のうまみでうまくならないものがあるはずがない!ハマグリが小さいものしかなかったので、お値段お安めのアサリを使うことにしました。

1.アサリを塩水に入れて砂を吐かせる。

葉ゴボウあく抜き(3/22)2.茎をお好みの大きさに切り沸騰したお湯で1分程茹でる。

見た目ほど強烈なアクがでませんでした。とっても鮮やかな緑色ですね。一つ食べてみると、ゴボウの泥臭さはなく甘いお野菜!これはアサリとあうと思いました。



葉ゴボウ調理(3/22)
3.少々の油を熱し、そこにアサリをいれて、白ワインを振りふたをする。

4.口が開いてきたら葉ゴボウを入れて絡める。薄口醤油は隠し味程度。小さじ半分というところ。


僕はバターを落としませんでした。葉ゴボウとあさりで十分。胡椒もいれません。ダイエットにもいいですしね。ただ蒸し汁をごはんに掛けるともう一杯ご飯が食べられちゃうから注意!!

葉ゴボウあさり蒸し(3/22)

葉ゴボウの歯ごたえが楽しいのであく抜きを一度水につけることで軽くしておき、もう少しゆで時間を短くしてもいいかもしれません。大阪でも春を感じる野菜があるなんて思いませんでした。食というのは贅沢なものから安価でも地域に根差したものまで、一人の人生では味わい切れない無限の世界だと改めて感じました。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

号外。ハンバーグの基礎研究1

2012.03.25 08:30|ハンバーグ
僕はハンバーグというものを真剣に考えるきっかけを「ヒカルちゃん」という、僕のかなり年下なんだけども、友人に頂きました。今回はハンバーグのレシピの紹介ではなくハンバーグを基礎から考えるというスタンスで研究しそのレポートを書くことにしました。平日のブログはなるべくレシピを載せることにしているので、この研究は号外として日曜日に不定期で発表することにします。ご笑覧いただければ幸いです。というわけで、ヒカルちゃ~ん、レシピじゃないのよ。ごめんなさいねm(_ _)m 途中で飽きるかもしれないからそん時は写真でも見て下さい。

ロワゾ―(3/20)この写真の料理に使われてる主な材料は鶏肉、ジャガイモ、イタリアンパセリです。少し手間がかかる料理ですがベルナール・ロワゾ―の得意料理であったものを真似して作ってます。ロワゾーはカエルの肉を使ってますが、カエルの肉を常備しているわけではないので鶏肉を使ってます。我家に来た方には一度は必ず出すスペシャリテですがなかなか評判がいいです。ただ、ソースを作り皿に敷きというなかなか手間がかかる。そこでこれをハンバーグのようにシンプルな料理にできないかという発想から今回実験してみました。


一番簡単なのは上に乗ってるお肉を鶏肉のハンバーグに変えることですが、それだと何も変わらないのでソースの材料を全てお肉の中に入れ込むという方法で「形」をハンバーグに近づけるようにします。最初からハンバーグとは遠いものだとは認識してますが、一番遠いものから徐々に近づくと色々見えてくるのではないかとも思いました。

ミンチ(3/20)お肉は塩を足してこねるだけです。ハンバーグというよりパテですね。もちろんスパイスを入れてもいいのですが入れないことによりパテにどんなスパイスをいれるべきかどうか観察できるので、敢えて入れないことにしました。


マッシュ(3/20)


全く同じ材料でお肉に詰めるものをつくります。ポテトをつぶし、ニンニクとイタリアンパセリ、ミルクと溶かしバターをいれてまとめます。




ファルス1(3/20)
お肉と中身が一緒にまざりあわないように今回はかなり丁寧につくりました。セルクルでお肉の層をつくり窪みに練り物をつめ更にお肉でふたをして、表面に粉を振ります。



ファルス2(3/20)

いくら実験といっても主夫の活動範囲内でしており、最後は食べるので、飽きのないようにもう一品です。一分ほど茹でた芽キャベツに粉を振り丸ごと入れてみました。お肉の脂を吸ってくれればと期待しました。



オーブン(3/20)

フライパンで焼いたあとオーブンで160度3分くらい。まんべんなく火をいれました。

つくね(3/20)

切り口です。芽キャベツは肉のうまみを吸ったかというとそうではないですが、芽キャベツ自体は美味しくしあがりました。

結果と感想

今回は肉に工夫をしませんでした。まとまるように塩を振って良く練っただけです。ですから鶏肉の「つくね」ですね。強く練り過ぎたこともありますが、ステーキ感はゼロ。もちろんマズイものができたわけではないのですが,今後このタイプのハンバーグを研究するのはやめにします。おそらく赤身の肉と脂身の配合と焼き時間、スパイスの配合というかなりストイックな研究になるからでこれは目指している家庭料理とは違うものです。

また、今回の反省はハンバーグの形状を詰め物の形に合わせたおかげで詰め物が多くを主張し、お肉が包む素材に成り下がってました。ということで、今後は、

1.「つなぎをつかったステーキ感のあるハンバーグ」を研究する、
2.ハンバーグは肉を主役として詰め物は肉のうまみや触感を助けるものだけを考え、形状は薄目の楕円形とする。

ことにします。特に2は大事でなるべく均等なもののかたまりになるようにしようと思います。もちろんチーズなどを入れればハンバーグは美味しくなりますよね。だからそういう風にお肉に何かうまみ等を添加することは積極的に実験したいと思います。

今後もハンバーグの基礎研究を応援して下さいm(_"_)m。









こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

庶民のフグ!ゴマフグ参上

2012.03.23 08:30|魚・貝料理
フグってこげんと安いとですか?ここは買ですバイ!


って去年思ったんです。今年も安い。

ゴマフグ(3/19)群馬の山奥で青春時代を過ごした僕にとってはフグは想像上の動物と同じ、そう、麒麟(キリン)と同じでした。キリンが4匹で780円って聞いたら驚くでしょう?
業務スーパーの凄さなのか、トラフグではない「ゴマフグ」という小さいものだからなのかはどうでもいい、今年も買っちゃいました。


去年はテッチリにしたりから揚げにしたりしてとてもご機嫌でしたが、今年は少しその身のプリプリ感を生かそうと思い味噌に漬けて身を更に締めようと思いました。

フグ味噌付(3/19)味噌漬けといっても、ただ味噌につけるだけでなく色々いれます。
1.味噌、ショウガ、黒砂糖をブランデーと僅かな醤油で溶  いてラップに塗りフグを置きくるむ。

こうすると味噌を沢山使わずにすみます。


今回はゴマフグの味噌漬けをつかって素麺を頂きます。

材料は素麺と以下のようです。写真左はフグの味噌漬けを切り小麦粉を振ったもの。味噌漬けにしたからフグが琥珀色になってます。他はネギ、芽キャベツ、マイタケです。フグ以外は普通の食材ですね。
フグ麺材料(3/19)

フグ麺具(3/19)
2.材料を炒めて水を足し軽く煮込む。フグを漬けたミソや醤油、塩、胡椒などで味をつけて片栗粉でトロミをつける。

野菜の火のとおりさえ気にしてればいいでしょう。フグは身もしっかりしていて煮すぎるということはないです。


フグ麺(3/19)

3.素麺をかた~く茹でて2のアンを乗せる。


素麺は2分のゆで時間のものなら、40秒であげていいです。それを水で洗い粉を落としたら、そこにあらかじめ温めておいたお湯をかけると、芯がしっかりしていても暖かい素麺になります。
フグは本当に身がしっかりしていて、お肉みたいです。お近くに売っていたら是非試してみてください、ゴマフグ。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

ヴィニャ・エストレメニャ・コルテ・レアル・プラチナム 2000

2012.03.22 08:30|ワイン
思い出のワインシリーズ3

あまりにも長い名前なので我家ではコルテ・レアルと呼んでいます。
いつものとおり基本データから。


コルテレアル(3/19)
ヴィニャ・エストレメニャ・コルテ・レアル・プラチナム 2000
産地:スペイン(エクストレマドゥラ州)
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン50%、メルロー50%
価格:3780円(京橋ワイン2012年2月で購入)

~豆知識~
スペイン屈指の超お金持ちのアルフォンソン・イグレシアス氏が『ワインで儲けようとは全く思ってませんから。』というスタンスで作っているらしい。つまりワイン造りを道楽としているので手をかけたワインでも格安ということ。ラベルは『カルロス5世』。カルロス5世の生誕500周年を記念して造られたワインなので2000年のヴィンテージだけのワインですね。

カミさんがラベルと「豆知識」に書いてある能書きを読んで、ネットで購入したワインでした。今でもあれば10本単位で買ってる。ただ、2000年のヴィンテージだけなので毎年決まった本数を安定的に購入できるものではないので、今後は少々無理はしても、あれば買えるだけ買うことにはなるとは思う。

ワインの味や香りを表現する言葉はいろいろある。黒スグリだのビードロなど朽木だのと言われても、黒スグリなんて果物自体食べたことないし、ビードロや朽木なぞは食べ物でさえない。もちろんワインを飲みながらこういう言葉は覚えてゆくもの、伝統的な言葉だろうから、何の文句もないし謙虚に今後も勉強したいが、飲み始めのころはこんな言葉達には全く見当がつかない。そこでラベルと能書きで買っていたというわけ。その買い方はいまでもするときがあるけど、懐かしいし、このワインも美味しいので紹介することにした。10年以上熟成したものなのに未だにこの値段で売っているのは驚きだ。

道楽でワインを作るというのに今でも僕とカミさんはあこがれている。もちろんそんなものが実現する雰囲気もないが、自分が好きなものをこだわりを持って作るという職人的な仕事に、憧れがやむことは無いのではないかと思う。

僕が主夫を始める前にしていた仕事も、僕なりに全く妥協しないで取り組んでいたが、それは組織のなかではうまく機能しない原因になったろうし仕事の相手も少なからず迷惑したろうと思う。後悔があるとすればワイン(ブドウ)とちがって収穫というものが全く見えなかったことだが、僕の仕事の収穫がワインのように10年、15年後に花開くものであると信じて、神様がその収穫に一瞬でも立ち会わせてくれることをお祈りしながら、今日もワインを流し込もうと思う。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ハタハタ干しちゃいいました(主夫はこんなこともできます)

2012.03.21 08:30|魚・貝料理
ハタハタを干しちゃいました。

暇があると暇がないときには思いつかなかったものがやたらと思いついてしまいますが今回もそういうお馬鹿な思いつきの一つですねぇ。洗濯もしたかったのですが、そちらは一日先送り。洗濯と一緒にできませんからねぇ。記事の後半は干したお魚を使ってお料理を一品ご紹介します。

学生時代に梅干しを作ったことがあるので、あの手間を考えれば全く簡単な工程ですが、大阪という都会に住んでいながらやってみようと思うのが馬鹿でいいでしょ!?最近思うんですけど、僕みたいな馬鹿は家に籠る仕事がいいと思います。誰にも迷惑かけないから。「主夫は天職」かどうかは知りませんが、ハタハタを干してるときにそう信じようとおもいました!

ハタハタ値段(3/18)業務スーパー高槻店で購入したのですが、30匹近くいて380円。ハタハタってこんなに安いんですねぇ。もっともそんなに大きくはないです。小さいものから大きいものまでバラバラに入っているのですがそれにしても安く感じました。卵は抱いてないようですし干物にしてくれ!と僕を見てたような...。

ハタハタ開き(3/18)ってことで哀れ!開かれたハタハタ。最初はよく開き方が分からなかったのですが、2匹くらいいじるとわかりますね。僕はエラは取ってしまいました。本当はどうするのかは知りません。まぁ、いいですよね。

開いたものに塩をふらなければなりませんが、分量が分からないので手に塩をまぶしてハタハタたちを一匹づつまんべんなく触ることにしました。

「しょっぱ過ぎたら塩抜きをして、塩が足りなければまた塩水につけて干せばいい」

という適当さ!この日はかなりテンションが高かったんです。
ハタハタ干し(3/18)

それで干します。ふ~。2時間くらい干して、しばらく家にいれて、また、夜風にさらして水分を抜こうと思いました。お日様にあんまり長くあてると強く発酵してしまう気がしましたからね。洗濯ばさみ使って干すので、この日の洗濯はお休み。干してるあいだ、昼寝でもしようか、と思ったら

「か~~か~~」

というカラスの声が聞こえてきました。あ!見張ってないと食べられちゃうじゃん!ということで窓際でカラスに取られない様に見張り 魚と一緒に日にあたってこっちも干物になっちゃった気分でした。


さてさて、後日、冷蔵庫で寝かしたあと一つ焼いて食べてみたのですが、すこしだけ塩が強いのと脂がそれほど乗ってなかったのでダシをとり、お吸い物にすることにしました。茹でたジャガイモはあらかじめ用意しておきましょう。また、今回はシイタケの煮つけをお袋が送ってくれたのでそれを使いました。シメジやエリンギならすぐ火も通るし美味しいし華やかだと思います。


ハタハタダシとり11.昆布とハタハタの干物の頭の部分をぬるま湯にいれて20分ほど待つ。

ハタハタの頭はなにもダシがでないですが、ヒレの付根に少しお肉があるので、勿体ないのでダシを取ることにしました。

2.芽キャベツを入れてゆっくり温めてゆく。


ハタハタダシとり23.芽キャベツに6割がた火が通ったら、頭を取り出し、茹でたジャガイモ、ネギ、干物の身の部分、シイタケをいれ、火を通す。

僕はカミさんが帰ってくるまでに時間があったので、8割がた火を通したところで一旦火をとめて寝かせました。
じっくりと品のいい味と香りがでますよ。

4.薄口しょうゆを隠し味程度に加え出来上がり。
ハタハタ汁


ハタハタさえいれば簡単に出来る料理で、レシピといえるようなものではないのですけどね。干物を作る過程から合わせて努力賞でも下さいな。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

カジカの清蒸(見た目より簡単)

2012.03.20 08:30|魚・貝料理
憧れのお料理でした!
清 蒸 全 魚

鱸(すずき)の清蒸(チンジョン)なぞ憧れでしたが、鱸は大きすぎる。近くのスーパーをのぞいたら北海道産のカジカが3匹で700円足らずという安さで売っていたので作って見る気になりました。カジカって面白い顔しています。
カジカ(3/16)
間抜けなゴジラみたいで憎めないでしょう?

あはは。食べちゃいたいくらいカワイイから食べちゃいます。

ただ、普通の魚とちがって横に顔が長いから真っ直ぐ置けるんですよ。逆にいうと寝てくれないからおなかを割くと切り口が下を向いてしまうんです。だからと言って見てても仕方ないので料理をはじめます。

1.おなかを割いて内臓を取り出し塩を振ったあとネギ、ショウガを詰める。身の厚いところに切り込みを  いれて、塩とショウガを全体に塗り込む。

おなかを切ってみると、案外スペースも小さいし、切り口が下向きなのも手伝ってショウガやネギを詰められない気もしたのですが、結局次の写真のようなアイデアが浮かびました!!神様有難う!!ショウガはすり下ろしたものを塗り付けました。ちなみに動物虐待してるつもりはないですよ。
カジカネギ(3/16)

カジカ蒸し(3/16)

2、皿にカジカを置きネギやニンニクを写真のように添え  て20分間蒸し煮にする。蒸して皿にたまったスープは  後で使うので捨てないで取っておく


油加熱(3/16)


3.皿にカジカを移し、刻んだネギ、三つ葉(香菜:チャンツァ   イ、コリアンダーが本当は使いたかった)をのせ、煙が出るく  らいまで熱したごま油を上からかける。


僕はオタマに油をいれて熱したのだけど、今考えると大分危ない気もする。火が大きいと引火するかもしれない。色々なレシピ集にオタマと書いてあることもあるし、カッコいいのだけど、ちいさい鍋でいいと思います。

4.蒸したときにお皿にたまったスープに醤油を足して温め静かにかける。

清蒸(3/16)

香りも良いし、身はプリプリしてて甘くてとても良かったですね。見栄えがする料理ですが、難しいことは一つもないです。今度は違う魚でやってみようかなぁ、と思います。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

鳥の白煮込み(ホワイトデーの償い用)

2012.03.19 08:30|家庭料理
油断してたらホワイトデーが過ぎちゃったーーー!!!

というのは後の祭り。夜遅く帰ってくるせいかカミさんもなんとなくホワイトデーを気付いてないような、もしくは期待していないような気もする。それにバレンタインデーにカミさんからチョコを貰ったかどうかもちょっと思い出せないんだけど、とにかく、主夫が記念日を忘れるわけにはいかない!

ホワイトデー過ぎたらきっとおしゃれな飴玉なんか売ってないだろうから、もういいや。ホワイトデーは白い日。白い日には白い料理ということで鳥の白煮込み(フリカッセ)をつくることにしました。本当はもう少し違う手順で作りたいのだけど、いつカミさんが帰ってくるかわからないので、

カミさんがいつ帰ってきてもいいような作り方じゃ!!

ということでお送りいたします。今回は懺悔も込めて記事にも気合が入り長文ですがご容赦頂きたく。
ホワイトデーということで白くするのが至上命令。ということで野菜は白いものをそろえてみました。
フリカ野菜(3/16)
左:人参3種の記事で紹介したスノースティック

中央:「ますみ」という品種の茄子

右:フェンネルの根

ますみ」は白というより緑色。買い物しているときは白いからという理由で買ったのだけど、茄子の皮むいて使ってもよかった。フェンネルの根は使い方もわからず前々日くらいに購入していたのですが、こんなところで役立つとは!切ってみると、とってもスパイシー ハーブを使おうと思ったけどやめて、香りはニンニクとフェンネルだけでつけることにしました。この他に玉ねぎも使いますがフェンネルが無い場合は玉ねぎだけでもいいと思います。その場合はお好みのハーブをお使い下さい。

フリカ肉(3/16)右の写真は、お肉切ったところ。砂肝とモモ肉です。砂肝は白くないけど歯ごたえが欲しかったんです。


フリカ野菜切(3/16)




左の写真は茄子と人参を切ったところ。白い料理ができる予感するでしょう?

フリカ肉調理(3/16)1.切ったお肉に小麦粉をまぶし10分ほど寝かせ、フライパン  でニンニクと一緒に弱火で表面がちょっと白くなる程度に  炒める。
弱火でないと小麦粉が焦げて茶色になる。粉をはたいて寝かすのは炒めるときに粉が散るとそれも焦げの原因になるので、しっかりお肉に粉をなじませるため。後でもう一度煮るので固くならないように中は殆ど生でよい。

フリカ野菜煮(3/16)2.いったん炒めたお肉をとりだし、そのフライパンで、玉ね   ぎ、茄子、人参を弱火で炒める。このとき鍋に付いた小麦  粉はなるべく焦げないようにこそぎ落としながら炒める。

3.鶏ガラスープを加えて煮る。しばらく煮たら茄子が煮崩れな  いように取り出し、玉ねぎが柔らかくなるまで煮る。     (鶏ガラスープの作り方)

フリカ野菜肉下(3/16)
4.火を止めてお肉と茄子を鍋に戻す。


これでカミさんが帰ってくるまで待ちます。この白煮込みはそれほど長く煮込みません。下ごしらえさえしておけば炒め物とほとんど変わらない時間でできますね。
カミさん帰宅後、調理再開!!

フリカフェンネル(3/16) 5.フェンネルを刻み油で軽く炒めます。においが飛ばないようにあまり炒めない。

6.4までで作ったものをフェンネルを炒めたフライパンに適量加え煮込む。お好みでバターを落とす。

フリカミルク(3/16)



7.クリームを加えトロミが出るまで煮込む。さいごに火を止めてからすこしクリームを加えると白さが増す。


8.ご飯と一緒に盛り付ける。

鳥白煮込み(3/16)

砂肝いれなきゃ本当に白い料理だったけど、歯ごたえがあって満足してくれました。一日おくれのホワイトデーは無事終了じゃ!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

鶏ガラスープ(水よりうまきゃそれでいい)

2012.03.16 08:30|家庭料理
僕は化学調味料がウマすぎるから大嫌いです。あんなにうまくなくていい!

僕は化学調味料がまずいからとか、本格的でないからとかの理由ではなくウマすぎるから嫌いです。顆粒の鶏ガラスープ、コンソメの素、味の素みんな「良く出来過ぎている」んです。どうしても料理するときに加減ができないんですねぇ。まぁ、要するに上手に使えないから嫌いです。
鰹だしも自分で取りますし、煮込みの汁が余ればとっておいて後で使う癖がついていて、もう何年も化学調味料を使ってません。上手に使えれば家事の時短ができると思いますがねぇ。

今回は近くのスーパーで鶏がらが売ってたので鳥ガラスープを自分で取ることにしました。

鶏ガラ(3/15)
半額ってのがいいですねぇ。実はこれを買う気になったのは半額も理由ですが、さばいた人が下手なせいでお肉がいっぱい付いていたんですねぇ。しかも丹波地鶏!!スープを取るためだけに料理をすることは少ないのですが、とにかくこれはお得!!と思ってスープを取る気になりました。ってわけで鶏ガラ一つで今回十分。

スープの野菜(3/15) 使う野菜はこれだけです。玉ねぎ1、人参1、セロリ1。これも少ないように見えるけど、とにかくレストランじゃないんだからいいんだよ。こんなもんで。水よりうまみがあるものができればいいと思えばなんだっていい(笑)
1.鶏ガラはよく水で洗って内臓を取る。鍋に入るように適当なところで切る。
2.沸騰したお湯に入れて沸騰直前で一度お湯をすてて、水でまた鶏ガラをよく洗う。取れそうになってる  脂なぞは取ってしまって捨てる。
え?これじゃうまみ成分が出ちゃうじゃんと思うかもしれないけど、水よりダシが出ないことはまずないから大丈夫。むしろ内臓の変なにおいとか残るほうが使えなくなっちゃう。

ガラだけスープ(3/15)3.塩を小さじ一つか二ついれて、洗った鶏がらを入れ強火で炊  く。どんどんアクはとる。

もちろん吹きこぼれてはいけないけど、弱火でゆっくりスープをとるよりアクが綺麗に取れます。鶏ガラはいくらつついてもいい。良くアクがでますよ。とにかく塩を入れ忘れてはいけない。
4.15分から20分たったら野菜とお好みのハーブををいれます。僕は自分で育てているローズマリーに月桂  樹に前の日の残りの三つ葉とニンニク一株をいれました。野菜からもアクが出てくるのでそれも丁寧に  とります。火は強火が基本ですが、煮こぼれるような状態はもちろんダメです。

ガラ野菜(3/15)

5.およそ1時間くらいたった状態です。これでおしまいです。ガス代だって馬鹿にならないし、何時間   煮込んでもこの程度の材料ならむしろ悪くなります。
漉してビンやタッパにいれて冷蔵庫で保存します

保存スープ(3/15)


来週のブログではこのスープを使った料理がいくらが紹介できると思います。休日に時間があればやってみては如何でしょうかね。僕は主夫になる前からこんな手間のかかるアホなことを好きでやってますが、まぁ、頭悪いんだろうね。あはははははは。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ウィリアム・フェーブル

2012.03.15 07:38|ワイン
思い出のワインシリーズ2

さて、前回のシャトー・コルメイユ・フィジャックに続き思い出のワインシリーズということで。
先ずは基本データです。

フェーブル(3/15) シャブリ(ウィリアム・フェーブル)2010
産地:フランス(ブルゴーニュ・シャブリ地区)
品種:シャルドネ
価格:1980円(2012年3月KOHYOで購入)

~豆知識~
ドメーヌ(その生産者がブドウの生産から瓶詰まで全て関わるもの)とネゴシアン(他の農家・ワイン生産者からワインやブドウを買ってブレンドしたワイン)との2種類があるが、写真はネゴシアンもの。ただし、ウィリアム・フェーブルではネゴシアンものでもワインのブレンドは一切せず、他の農家からブドウを買うだけで醸造は全てウィリアム・フェーブル社が行っている。

ワインの名前を覚えるというのは飲み始めたころはとても大変で、なかなか覚えられませんでした。でもちょっとだけ「ワイン通と呼ばれたい!」というささやかな俗物根性を満たすには、どうしても白と赤の区別だけでは無理があり過ぎ。ということで、

「飲んだワインの名前をなかなか覚えられないなら名前を覚えやすいワインを飲めばいい」

という逆転の発想で選んだワインがこのウィリアム・フェーブルでした。

ところが、こんな不純な動機で買ったワインでしたが大当たりでしたね。最初に買ったのはもっとランクが上のレ・クロという特級畑のみのブドウを使ったもので、今考えると美味しいのは当たり前なのですが、もちろん経済的に無理がくると、少しずつランクを下げるしか手が無くなります。で、買うたびにランクを下げていたのですが、とうとうこの1980円のものでも、普段飲むなら十分に美味しい。いや、いつのんでも十分美味しいです。今ではお客様にもこのクラスで出すこともあります。

「グレープフルーツのような香り」というのはこのワインにはピッタリです。グレープフルーツを食べてブドウの味がすると思ったことがなかったのですが、逆にグレープフルーツの「グレープ」ってこのワインに使われてるブドウのことかなぁと、初めて飲んだ時思いました。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

カルボナーラ・アラ・ハカタバイですばい!!

2012.03.14 08:38|麺類
イタリア人にも博多人にも一発でどんな料理かわかるように、名付けて!
「カルボナーラ・アラ・ハカタバイ」

最近料理をやり始めた旧友がこのブログをみて、拍手とかをしてくれているようだ。ってか旧友といっても5つ年下で昔の上下関係を完全に無視できないせいか、気を使ってもらっていて、こちらも甘えている。そんな友人のために失敗しない簡単料理を載せようと思ったのが今回の記事。昨日のキノコパスタより易しいのを選びました。まずは使用しているパスタから。
使用パスタ(3/14)

もちろん使うスパゲッティは何でもいいのですが、ちょっと頑張りました。最近、近くのスーパーKOHYO高槻店で我々貧乏人にはとても想像できないレベルのパスタを見つけたのです。アントニオ・アマートのスパゲッティで500グラムで880円!!凄い!「大阪って都会はこぎゃんパスタが普通に売れるけんすか?買ってみたいばい!」ってことで思い切って買いました。

これが値段以上に美味しいんです。モチモチしてコシがあり、表面の凹凸がよくソースを吸います。ですから実際料理するときは普通のパスタよりも少しだけソースを多目にした方が良いと思います。ペペロンチーノのように比較的サラッとしたものなどは特にですね。

材料はパスタの他に卵2個、明太子一つ、シラス、枝豆、茄子です。名前どおり明太子を使います。
今回のレシピ(二人分)は料理を始めたばかりの友人のために絶対失敗しない手順を完全に時系列にして書きます。またいつもより説明がくどいです。

1.茄子を賽の目に切りにして油で炒めるしんなりとさせておく(火を切っても大丈夫)。
2.お湯を沸かし始める。塩分濃度は1パーセントといわれるけど「多いなぁ」ってくらいの塩をいれて大  丈夫。

調理1(3/14)3.卵黄2個、明太子一つ、シラス、枝豆を写真のようにボウ  ルに入れる。
シラスや枝豆はお好みで色々変えてもいいですよね。僕はお袋が大量に枝豆を冷凍して送ってくれたので使ってみましたが、触感が少し硬いものがあればそれでもいいです。シラスはうまみ成分を補うためで、生ハムなんかもすきですねぇ。粉チーズを入れると濃厚になります。

調理2(3/15)4.明太子をほぐすようにして3をかき混ぜ胡椒をお好みで振  る(多目がお勧め)。

好みで少しミルクなどを加えてもいいですし、卵を増量してもいいですし、ソースが足りないと思ったらそこは調整して下さって結構ですが、後程ここにパスタを直接入れるのであまり量が多いとパスタが冷めちゃいます。

5.パスタを茹で始める。パスタを入れたら泡がでてくるのでそれをすくって1のフライパンにいれて適当  な塩味をつける。もちろん適当なところで止めないとしょっぱくなっちゃうぞ。

6.ゆであがり1分くらい前から1のフライパンを温めてゆであがるころに沸騰するようにする。

7.茹であがったらよくお湯を切り、アツアツの1のフライパンで炒め、よく絡んだら4のボウルにいれ、  一気にかき混ぜて盛り付ける。
めんたいカルボ(3/14)

カルボナーラを失敗しないこつはフライパンではなく材料を入れたボウルの中でかき混ぜることですが、要するに讃岐うどんの「釡玉」だと思って作ればいいのですよね。以前はミルクや粉チーズを入れてましたが、最近は入れません。歳を取るってこういうことですかねぇ。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

3種の茸のパスタとトリュフオイルパスタ

2012.03.13 06:43|麺類
人参3種類の食べ比べトマト3種類の食べ比べに続いて同食材の3種類シリーズになりました。今回はカミさんが

「今日はキノコを沢山食べたい!

と珍しく食べたいものを主張したので、3種類のキノコをたっぷりと使ったパスタを作ろうと思いました。まずは食材の紹介です。

茸3種(3/13)
左がたもぎ茸、中央がとき色平茸、右が野生種えのき茸(という名の栽培もの)

どれも高槻のデパートで105円でした。たもぎ茸とき色平茸は以前にお友達が遊びに来たときにリゾットに使いました。キノコをより前面に押し出すために材料はニンニク、オリーブオイル、塩とキノコ3種だけ。もう一皿作りますが、トリュフオイルを使ったパスタですから、キノコが4種類登場という、まさにカミさんのリクエスト通りの「キノコ祭り」となりました。

茸調理1(3/13)1.オリーブオイルで潰したニンニクを丸ごと一つゆっくりと   揚げて香を移取り出す。
2.1の香り油でキノコを軽く3種類炒めます。
ニンニクのにおいが飛ばないようにするのと、折角色鮮やかのキノコを使うので焦がさないように中火で炒めます。この段階ではそんなに火が通さず、ちょっとクッタリして「油が回る」程度でいいですね。

もうひとつ作っちゃいます!

茸調理2(3/13)3.別のフライパンで牛肉の細切れと「うるい」を軽く炒める。  次の作業で火を入れることになるのでこちらも軽く火を通す  だけでいいです。
4.塩を入れたお湯でパスタを茹でる。茹でると泡が出てくるの  でオタマですくって2、3のフライパンにいれつつ時間をみ  てフライパンをそれぞれ温めます。
コンロが二つしかないので交互に温めたりして僕は苦労しますねぇ。タイマーとにらめっこです(笑)。茹で汁はいい感じのトロみと塩味がついているのでここで味がおおかたきまりますね。しょっぱすぎたらお水を入れればいいです。

5.キノコのパスタはゆであがったパスタを入れて一気に炒めて盛り付け。

茸パスタ(3/13)

キノコのそれぞれの色がでて楽しかったです。たもぎ茸の黄色の発色が少し鈍くなってしまって残念。綺麗な黄色が出る方法があったらお知らせくださいm(_"_)m
6.もう一つのフライパンもゆであがったパスタを入れ炒めたあと、「ボウルに移してから」トリュフオイ  ルをたっぷり(20ml弱)かけます。(熱いフライパンの上でオイルをからめると折角のトリュフのにおい  が弱くなる気がします。)
牛ウルイ(3/13)

慣れると2人分くらいだったら2種類のパスタを作るの忙しいとはいえ難しくはないです。トリュフオイルは40mlで2000円くらいで大変高いものですからなかなか買いづらいですね。僕だけでなくみんなそう思ってる。だからトリュフオイルはあまり売れないんです。でも売れない商品は賞味期限前になると半額になることが多く、僕はそこを狙ってごっそり購入して贅沢に使います。主夫の知恵!もちろん高価なものにはかわりませんけどね。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

続・3種類野菜(トマト編)

2012.03.12 08:13|ダイエット
人参3種類の食べ比べの記事を以前書きましたが、なかなか面白い実験だったので今度はトマトでやってみました。3種類のミニトマトを高槻のデパートで購入。

3種トマト(3/12)
左の茶色いのがブラックチェリー、真ん中がミドリちゃん、右はピンキーという種類。

僕が子供のころはトマトというのはピーマンと並んで子供が嫌いな野菜の代表みたいなもので僕も嫌いな野菜でした。特にあの青臭さが苦手でしたね。
僕がトマト嫌いを克服したのは小学生になったばかりの頃、松田優作がドラマ「探偵物語」のオープニングの中でトマトに塩を振ってとても美味しそうに食べるシーンを見て、それに憧れたからでした。スーパーで「トマトを丸かじりしたい」と母にねだったら「なんだい、随分珍しいこと言うねぇ」と言って大きいのが10個以上入った箱をポンと買ってくれたのを覚えています。あのころのトマトはまだ青臭かったですが、じゅるじゅると音をたててトマトを食べる自分が何となく大人になった気がして、あれ以来トマトは大人の階段の第一段目というイメージがあります。「大人の階段登る~♪」という歌を聞くと青臭いトマトを思い出すときもあります。

その後、トマトというのは日本では猛烈な勢いで品種改良がすすみましたが、やはりトマトの品種改良において僕が一番衝撃を受けたのが「桃太郎」という品種でした。トウモロコシで言えば「ピーターコーン」に相当する革命だったという印象ですね。それが今ではそれほど強烈に甘い方ではないと思いますので時代というのは恐ろしいものです。

さて、トマトは塩で食べるのが一番。ミニトマトは洗ってヘタをとれば十分なのですが、一応料理をする主夫としてはカミさんの手前、カッコつけて盛り付けることにしました。美的センスとトマトだけという条件がどうしても一品としての限界を生みますが(笑)、まぁ、カミさんは喜んでくれました。白ワインを飲みながらそれぞれの味を楽しみます。

3種トマト盛り付け(3/12)

ブラックチェリーはなるほど甘い品種でした。ピンキーはそんなに特徴を感じませんでしたが、ミドリちゃんは爽やかな酸味があり、飲んだワインウィリアム・フェーブルとすごく合いましたね。グレープフルーツの様なワインの香りがこののミドリちゃんの酸味に良くあったのだと思います。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

今後の更新予定と長めの自己紹介

2012.03.11 10:57|自己紹介
自己紹介記事

まず最初に、

「土曜・日曜はこのサイトの更新はしません。」

という更新を今日、日曜日にしたのは何か矛盾を感じるが仕方ないなぁ。
それから四月の頭は実家に帰るし、GW後半も旅行にでかけるので、更新はしないです。

今日は折角更新するので、一応もう少し自己紹介をしようかと。
映画、料理、お酒、旅行が好きなのでそういう関係のブログになるとは思います。ありきたりですねぇ。

映画は古いのが好き!ワインも古いのが好き!お料理は新しいのが好き!旅行は豪華なのが好き!

勝手な奴ですみません。
ほんとうは政治について語れたらいいと思うけど、センスないし知識もない。経済も同様ですねぇ。

知っている方は知っているのですが、多少理系の方に振れているのでそういう雑文を書くことはあると思います。まぁ、理系と言っても立派に挫折したので今は空っぽですな。スポーツはあまりやらないのですがカートが好きです。レンタルカートですけど。カートってこんな感じ
カート

案外早いです。時速60キロくらい出てるはず。ちなみに被写体は僕です。うーーん、ヘルメットかぶっていて顔が見えないから、ちょっとカッコいいですねぇ、我ながら。

ツイッターもブログもぶれないのが今後の目標です。ついつい見てる人を気にしてしまうのがいけない。
自分が無くなってしまうのでは意味がないので他人の評価はそれほど気にしないつもり。
ただし、表現が不適切であった場合はお知らせください。

自己紹介は今後もこの記事を更新することでしてゆくつもりです。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

人参3種とスプーンで食べるノンオイル和風サラダ

2012.03.09 10:34|ダイエット
ダイエット料理というのはなぜか手を抜いたような料理が多いのですが、僕はダイエット料理こそ食材にお金と手間をかけて楽しい一皿というのが信条。今日はサラダに手をかけてみました。今日の主役は、

人参3種類!!

人参3本(3/9)
高槻の松坂屋で人参の量り売りをしていました。今回は面白そうな3種類の人参を購入しました。人参にもおしゃれな名前がついているのですねぇ。
左:スノースティック
中:金美
右:黒人参(よくみるとすごく濃いです)


人参蒸(3/9) 生でもかじりましたが、明らかに3種の味も香りも違います。スノースティックは爽やかな香り、金美は甘味が立ち、黒人参は生でもホクホクとした食感でした。共通してどれも甘いので、甘味を引き出そうと思って蒸すことにしました。恥ずかしながら蒸し器がないので裏ごし器をひっくり返してます。黒人参は色が少しおちてしまい、他の人参にちょっと色が移ってしまいました(反省)
人参の調理はこれでおしまい。あと盛り付けたとき塩をふるだけ。同じ皿に盛りますがもう一品

スプーンで食べるノンオイル和風サラダ

トマト種だし(3/9)
1.中くらいの大きさのミニトマトの種を取ります。忙しい人だと種は捨ててしまいますが今回は貪欲に使います。

「主夫はじめたばかりだから張り切りすぎじゃねぇか?」と思う人もいるかもしれませんが、僕は案外昔から芸が細かいですよ。種の周りは美味しいですからあまり捨てませんねぇ。


だし(3/9) 2.鰹と昆布でダシをとり1で取り除いたトマトの種をミキサーにかけたものを加え漉します。案外綺麗なダシがとれますよ。

3.2で出来たダシに塩と醤油で味をつけゼラチンで固めます。

このトマト入りダシは爽やかな酸味があり僕は好き。夏ならゼラチンで固めずソーメンの汁に使います。
冷めたときに味付けをしてください。

野菜たち(3/9)
4.トマト、黄色のパプリカ、インゲンを賽の目にきります。
もちろん野菜はお好みでどうぞ。トマトはうまみがあるので入れたいところですが、色目や香りのバランスを考えるのは楽しいですからね。僕はズッキーニの賽の目切りやアスパラの穂の、ベビーコーンもよく使います。

ダシ切(3/9)
5.3のゼラチンも賽の目にきり4とイタリアンパセリと軽く混ぜます。
混ぜるときはざっくりと軽く混ぜないとゼラチンが崩れます。わざと軟らかいゼラチンにすると食感が変わって楽しいですが平皿には盛りにくいです。


今回はサラダホウレンソウを添えてそこに少しだけ油を振りました。人参は塩だけです。お好みで胡椒をどうぞ。黒人参はお芋みたいな感じがしました。スノースティックも金美もそれぞれの味がして美味しかったですねぇ。楽しいダイエットメニューとしておすすめです。ハムでも添えれば十分な一皿だと思います。

サラダ(3/9)






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

シャトー・コルメイユ・フィジャック

2012.03.08 09:12|ワイン
思い出のワインシリーズ1

シリーズ宣言して続くかどうかしりませんけどねぇ。
先ずはエチケットと基本データ。



シャトー・コルメイユ・フィジャック(2005) 
産地:フランス(ボルドー・サンテミリオン)
品種:メルロー(70%) カベルネフラン(30%)
価格: 3100円 (2012年2月に購入ミルコート(クリックでお店のHPに))

~豆知識~
1832年にシャトー・フィジャックにより売り出されたロケーションの良い区画というのが売り!!

このワインと出会ったのは、まだ仙台にいたころ、10年以上前で学生でした。
カミさん(当時は彼女)と背伸びをして仙台のフレンチレストラン・カノウに行ったときです。
学生の身分で無理して飲んだ初めての5000円以上(お店価格)のワインでした。あまりに美味しいのでこの長い名前をベロンベロンに酔っぱらいながらもその場で気合で覚えました。

そのうち卒業して仕事について、関西に移住しても全然忘れられないで欲しくて欲しくてたまらず
思いあまってボニリジャパン(輸入業者)にメールしちゃいました。

「レストラン・カノウで飲んで忘れられないからどこで買えるか教えて!」

と聞いたら、直営小売店が大阪にあるとの丁寧なご連絡を頂き、翌日に滋賀から車で買いに行きました。
ちなみに直営小売店のミルコートだと価格は大変お得です。

こんな主観タップリの紹介をしておきながら言うのもなんですが、
おじさんの思い出に美化されただけのワインと思っちゃだめです!
無理した分だけ美味しい思い出になったのかと思っていたのですが、その後何度飲んでも、ヴィンテージを変えても、もっと高い評価がされてるワインと飲み比べても美味しい。

ワインはちょっとなぁというワイン敬遠派からボルドーでお得なワインを探している方まで紹介して感謝されなかったことはないです

我家では友人が来たときに出せるボルドーらしいボルドーワインとして10本以上を常備中。常備したいから某ワイン系マンガに紹介して欲しくない!まぁ、わが家に来たらオーダーしてみてくださ~い。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

野菜タップリ蕾菜入りカレー

2012.03.07 14:07|エスニック系
野菜たっぷりカレーどすえ!!
ダイエット食とまでは行きませんが、野菜たっぷりのカレーを作ります。
高田馬場にあるカレー屋さん夢眠風のカレーをミヨウミマネで作ります。

登場する野菜たちです。

材料(3/7)

左はキャベツ、右は茄子とピーマンですが真ん中の野菜は博多名産の「蕾菜(つぼみな)」です。
芽キャベツとアスパラの良いところを兼ね備えたお野菜というのが自分なりのベストな表現かな。

カレーに入れたのは初めてですが美味しさ炸裂で博多人もびっくり(多分)!

さて、まず最初ですが、
1.サラサラめなカレーのルーを作っておく...

ざっくりですみません。
僕の場合は牛、豚などのスープにおろしにんにく、おろしショウガ、良く炒めた玉ねぎなどをいれて、
煮込んだ後にカレー粉(カレールーでなく粉の方、S&Bを僕は使用)とお塩をいれて3日ほど寝かせます。
まぁ、市販のサラサラカレーに少し塩を足すだけでもいいですし、残りもののカレーに塩とカレー粉をたして水でのばしてもいいです。

ルー(3/7.1)

2.トマト缶(上)足して、蜂蜜(下)も足しちゃいます。蜂蜜は栗の蜂蜜です。蜂蜜大好きじゃ!!

ルー(3/7.2)


カレーに蜂蜜や甘いものをいれることを嫌がるかたもいますが、蜂蜜などに納得しない人は、
「チャツネ」を試してみましょう。スパイシーなジャムといったところですが、カレーに良く合います。

調理(3/7)

3.ルーをコンロであっためながら、蕾菜や茄子などの火の通りにくいお野菜を炒めて
火が8割ほど火が通ったらルーの鍋に入れて煮込みます。煮込むと言っても次のステップが済む間だけ。
本当に短い間です。


少し炒めたら、少しだけ水をたすと野菜のうまみを引き出してくれます。

4.キャベツとピーマンは本当にさっと炒めます。油がまわったら、ルーの鍋にいれて30秒ほどかな。ここはお好みでね。茄子以外のお野菜はシャキシャキしてる方が断然美味しいです。


食事(3/7)


試してみてね。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

精進春雨スープ

2012.03.06 09:49|ダイエット
昨日の夕飯はなんといってもカミさんの体重のコントロールが至上命令だ。
手間をかけて材料もうんと贅沢してという楽しい料理はできないけど、
色々考えるのは楽しいな。今日の自分への課題は

         お肉を使わないでおなか一杯!!


材料2
ってことで主な材料です。手前は人参と玉ねぎ。奥手の右はシイタケの戻し汁に昆布、
奥手の左は「畑のお肉」っていう東北で買ったいわゆるグルテンミートってやつだね。
大豆のでんぷんで作ったお肉もどきで食感はお肉に感じる。
お肉はなくても歯ごたえあるものはこれで確保するのじゃ。

1.玉ねぎと人参とニンニクとおろしショウガを炒めるよ
2.玉ねぎがシュナってしてきたらシイタケの戻し汁とお水を足して煮込みます。
3.塩と醤油で味付けします。醤油だけで味を付けようと思うと折角の野菜だけのダシが弱くなっちゃってもったいない。

調理中(3/6)
煮込んでいるところ。まぁそんなに煮込む必要はないね。沸騰したら10分いらないと思う。

4.今回はホールトマトと豆板醤を少し加えました。野菜自体から甘味がでるからみりんとかいらないよ。

食事(3/6.2)

5.春雨をもどしてスープをかけて茹でた菜の花とオクラを乗せました。卵焼きはシラスと枝豆はいってます。

今後もダイエットメニューは記録しておこうと思う。この年齢になると結構太りやすくなるからねぇ。
今はいくらでもアイデアが出てくるけどそのうち行き詰まるだろうし。
しかしブログってのはあんまり綺麗に写真が載らないなぁ。
ってことで出来上がりのもう少し良い写真>3/6の夕飯


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

生きて行く証に

2012.03.05 16:12|雑文
めでたく2012年3月31日をもって仕事がなくなり4月から無職だ。
が、良いか悪いかは別として俺にはカミさんがいる。
カミさんは仕事もしていて食うに困らないくらいの給料がある。

振り返れば俺はカミさんの給料の3分の1しか稼いでないくせに、
カミさんのために生きてきたとは言い難い人生だった。

常に仕事先で相手のことを考え無用な努力をし、心配をし、
それを家庭に持ち込んでは自分でつぶれそうになる。
カミさんから見れば本当に下らない仕事をしていた。

だから仕事をやめるといってもカミさんは嫌な顔をするどころか、本当に喜んでくれていた。
「よく今まで頑張った、だからしばらく休めばいい」とまで言ってくれた。

もちろん山ほど悩んで、次の仕事を探すことも考えたが
「今までと反対にカミさんがとても幸せになるように生きてやろう」
という気になって

専業主夫

をすることにしたのだ。

掃除をし、洗濯をし、買い物をし、炊事をする。
ちゃんと貯金を作り小金も家計に入れる方法も確立し(ブログで儲けようとは思わんが)
さらに旅行、買い物の提案から映画や本の紹介まで含め彼女の幸せな人生をプロデュースする。
ひもと言われようとクズといわれようと、最低でもこの地球上において俺とカミさんの2人は
幸せであるように生きぬく。

(宮沢賢治の詩の一節を借りて僕は宣言しよう)

そういう人に私はなりたい。





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。