08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

男は負けるとわかっていても....

2013.11.12 08:00|おつまみ系
お知らせ:主夫太郎が以前ご紹介した焼柿をやちゃmaruさん(ポチリで飛びます)が素敵にアレンジしてくださいました!!ん~うれしい限り。ああ!なんか人気者になった気分だわ~~、あははははははは。

は~い元女子高生のみなさ~ん!
予定って狂うと、
色々うまくいきませんよね~。



北海道から帰ってくるのが2日ほど遅れて、食材も調子が狂ったお話。

男は負けるとわかっている戦いに出て行かなければならない時もある、

ってたしかメーテルか、千年女王か、とにかく松本零士の漫画のキャラが言っていたような気がします。今回、質の落ちた材料でお料理ということで、負けるとわかっているお料理でしたが、何とかなるか?ってところまでは行ったような行かないような.....怒涛のボツネタウェークが終わって今日は頑張ったお料理のお知らせ!!だって、だって、今日はあまりものとはいえ、ホアグラなんですもの~。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

家にホアグラがあったんです。パーティーの余りなんだけど、北海道に行く前に調理しておこうと思ったら出かけてしまい、北海道から帰ってくるのが2日ほどおくれて計5日ほどおくれてホアグラを料理することになりました。
そもそもそんなに生の状態で持たないのだけど、ダメかなぁって思ってちょっと焼いてみるとそれほど悪くはない。まぁ、ゆっくり長く火を通して少し持つような料理にしようと思いました。とりあえずブランデーを振って..

ホアグラ裏ごし20131125


裏ごししました。

1.ホアグラをブランデーを振って少し置いたあと裏ごしする。

栗裏ごし20131125

2.栗の甘露煮も裏ごしして、1と合わせ、塩を適度に振る。

冷蔵庫に栗の甘露煮もあって、これもそろそろ食べなきゃいけないから一緒に裏ごししてホアグラと合わせてしまいました。まぁ、余りもので一緒になったという、なんとなく主夫太郎夫婦のような関係のホアグラと栗。塩は適度にって、まぁ仕方ない。味見できないからねぇ。勘よ勘!!

裏ごし栗ホアグラ20131125

ってわけで合わせたところです。しかし、

なんの勝算もないお料理って作っていて
ちょっと悲しくなりますねぇ。

あははははははは。まぁ仕方ないか。ん~合わせたところで頭が動かなくなったので、しかたなくテリーヌにすることに。

中心温度45度20131125

3.オーブンで湯煎しながら中心温度を45度程度に保ち1時間半ほど火を通す。

家のオーブンは最低温度が100度くらいだから、中心温度を保つのはとても大変です。手をいれてたしかめたり、温度計を差し込んだりと、最後は勘にたよりながら時間をかけて火をいれました。

冷やしてプレス20131125

4.冷やしながらプレスしてホアグラの脂を抜く。

これ、ちゃんと抜かないと、出来上がったテリーヌの中に脂がのこって美味しくないんですけどね、今回は栗が混ざってしまった御蔭で火を通したホアグラがあんまり縮んでくれなくて脂もなかなか出てこない。一度脂を抜いた後、もう一度火をいれて、2度脂抜きをしました。

5.スプーンを温めてすくい、盛り付ける。
栗ホアグラ20131125


というわけでできあがりました。最初は
おっ!!

って思いました。まぁ、確かに悪くないんだけども、

1.栗の裏ごしが多すぎた

2.ホアグラが少し古かった

ということで日が立つと少しザラついてきてダサい味になってしまいました。

ホアグラと栗の組み合わせは悪くないと思います。普通のテリーヌにマロングラッセをそのまま混ぜてもいいかなぁ、ん~~これから考えなきゃいけないなっておもってます。もともとホアグラと甘いものってあうんですよね。なんでもホアグラってデザートで出されていた時代もあったそうで、甘いワインやソースに合わせるのはその名残なんだとか。ほ~っておもいますね。考えてみればアイスクリームだって脂の塊なんだからホアグラがデザートでもおかしくはないですよね。

どう?こんな話聞くと栗とホアグラって悪くなさそうでしょう?

家飲みのアテにする程度ならまぁ、日が過ぎても結構許せました。とにかく栗とホアグラ、どうにかうまく合わせたいです。って言っても、しばらくホアグラ買わないとおもうけどさぁ。予算の都合だけどねぇ、あはははははははは。






こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

最後のバジル

2013.11.02 08:00|おつまみ系
は~い!元女子高生のみなさん!
旬が過ぎた主夫太郎ですよ~。

ということで、またまた季節外れの記事になっちゃいました。
今年はバジルを丁寧に育てたんです。途中で毛虫なんかついたりして、随分と気をもみましたが、アブラムシも付かず、結構楽しみましたね。アブラムシが付かなかった理由は家の周りの除草をしたからだと思ってます。自然成分から抽出した薬剤を一回だけ使って虫よけにしましたが、それ以外は少しくらい虫に食べられるのは気にしませんでしたよん。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

最後の収穫2013924

これが最後の収穫でした。いつもサラダで食べていたのですが、最後にどん!と取れたので今回は憧れのバジルソースを作ります!!

カシューナッツ乾煎り2013924

皆さん松の実を使うのですが、なんかやたらと高い気もしたので、グラムあたりやすいカシューナッツをつかいました。バジルソースのつくりかたは今更ですが、

1.カシューナッツを炒める。

2.FPにカシューナッツ、脂、塩、ニンニク、生のバジルを入れてペーストにする。

バジルソース2013924

まぁ、当たり前の物ができましたけどね。こんなことも主夫太郎はやって見てますという紹介です。

ジュノベーゼ2013924

そりゃ当たり前のものを使った当たり前のお料理が作りたくなりますよね!スパゲッティです!ニンニクとバジルソースだけのスパゲッティ!炭水化物と油が主成分という最高峰不健康食でも、やっぱり自分が作ったバジルで作ったバジルソースは楽しいですね。実はこんなド定番なお料理を主夫太郎は今までブログの記事にしてませんでした。


まぁ、これだけじゃ流石に寂しいのでもう一品作ってみました。ちょっと試作段階なんだけどもご紹介。多分来年まで作れないからまぁ、備忘録でもあります。
おこわにトマトとバジルソース2013924

1.固めに炊いたおこわを冷まし溶き卵をまぜて、バジルソースを足す。

トマトにバジルおこわを詰めて2013924


2.くり抜いたトマトに1をつめ、さらにバジルソースをトッピングしトマトのへたでふたをする。


3.120度のオーブンでトマトがくったりするまで火を入れる。

トマトファルス2013924


というわけで新作トマトのファルス。本当はサバとチーズを入れたかったのだけど、買い忘れました(笑)
来年はちゃんとサバとチーズいれて作ろうと思います(トマト、おこわ、バジルが合うのは確認できた)。去年は記事にもした(ハバネロ物語)でハバネロに感謝。去年も作っていたけど、今年ほど活躍しなかったバジルに今年は感謝。来年はどうなるかな。思案中です。

*今読み返してみると、ハバネロ物語、長いねぇ。皆さんよく読んでくれたなぁ。読者のみなさんにも今日は感謝したいです。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

茸のこのこ

2013.10.12 08:00|おつまみ系
は~い!サタデーギャルのみなさ~ん!
お元気ですか?
主夫太郎は明日からお出かけ!!
ちょっと訪問が遅れます~~

さて、先日のキノコ狩りの記事の続きですが、キノコ狩りに参加したある人が道すがら採ってきた、

卵茸20131009

タ マ ゴ ダ ケ!

これ、卵みたいなマユからニョキッと出てくるんですけどね。綺麗なオレンジの傘でしょう?これオレンジじゃないと毒キノコなのよ!綺麗すぎるキノコって毒が多いらしい(知らないけど女性と同じか?)けどこれは大丈夫。お料理しても綺麗すぎるから、これは後のお楽しみです!!

アナゴ頭20131009

これに使うのはアナゴの頭。ダシを取ったさらに出しガラだけど、頭に付いた身を丁寧にとってつかいます。

アナゴ卵茸リゾット20131009

1.玉ねぎ、アナゴ、お米を油で軽く炒めて、塩を軽くして水をさし火を入れてゆく。

お米は低温で火をいれたいです。お米が跳ねるくらい火が強いとうまくゆきませんよね。僕は古米を使っているので急に柔らかくなることがなくていいです。新米はいっぱい水を含んでいるせいかちょっと上手にできない(笑)まぁ、凄くマズくできるわけではないですけどね。ふんで.....

卵茸リゾット炒め20131009

2.卵茸を入れて、ちょうどよいお米の固さになったらチーズをいれて出来上がり。

枝豆入れてもよかったろうけど、卵茸の色を強調するために、色があるものを一切いれませんでした。どう?この黄色!!


卵茸仕上がり20131009

じゃじゃ~~ん。これ、全然人工色素使ってないんですよ。卵茸の色!!!サフランみたいに鮮やかですよね。
今度は自分で見つけてみたいキノコです!

茸尽くし20131009

さて、他のキノコもソテーしてみたのでご紹介です。量は少ないのですけどね、楽しみました。

一番手前の黄色いキノコは
カ ベ ン タ ケ、

そこから時計周りに、
カ ノ シ タ ダ ケ (ピエ・ド・ムートン)
ジ ロ ー ル (アンズ茸)
ム ラ サ キ フ ー セ ン 茸

です。キノコ狩り楽しいけど、もっともっと覚えて沢山取りたいです!!まだまだ修行ですねぇ。今年は猛暑の御蔭でキノコ狩りの事故なんかもあるみたいですが、知らない茸を取っちゃだめですよ~。そういや、主夫太郎、こんなキノコたちみると今でもへらへらしちゃってる。もしかしてワライダケが混ざってた?あははははははははは~~。


来週のブログは木曜日はお休みです。案外暇そうに見えて忙しいのよ、あはははははははは~~~。







こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

パイを何種か作ってみました(今後の課題を明示)。

2013.10.08 08:00|おつまみ系
は~い!女子高生のみなさ~ん!!
来週の連休は主夫太郎、
またまたお出かけでしてね。
来週の木曜日はブログをお休みさせて頂きます。


ちょっと珍しく忙しくしていてね。珍しく記事の作成に追われています(汗)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日はそれほどうまくいってないけど、下手な横好きで頑張ってるお料理達です。ボツネタというには残念な、だからといって単独ではいまいちな....ということで雑多な記事になってますがご容赦くださいね~。


パイ包み焼きというのに憧れてはいるのだが、パイ生地というのを作るのはとても大変。冷凍パイ生地シートはお菓子のパイ生地なのでどうしても「食事」の形にはなりにくい。まぁ、簡単に言うと膨らみ過ぎてしまう。折りたたんで何度も何度も伸ばせば少しはいいのだろうけど、なかなかそんな手間を毎回かけるわけにもいかないので、なんとか生地に合う中身を探しています。なにか市販の冷凍パイシートで美味しくできるアイデアでもあったら是非是非教えて頂きたく思います。

さて、今日はそんな中、そこそこ食べても悪くなかったという程度のお料理を出してみようと思います。溶き卵を塗るとツヤがでるのですが、今回はまだまだ練習ということで塗ってません。

~茄子を具材に~

このときはおうちにまたまた茄子があったので茄子を具材の中心にしてパイを作ってみることにしました。まぁ、茄子ならそれほど何も邪魔にならないだろうという安心感もありました。
茄子炒めて卵2013917

1.茄子を小さく切ってオリーブ油で炒め塩であじつけし、冷やしたあと卵黄を混ぜる

まぁ、これが詰めものになってあとはどんな旨みを足すかだけですが、まず最初は牛です。
ビーフと茄子のパイ2013917

2.牛のモモを細切れにし、1と胡椒を混ぜパイで包んで200度35分焼く

中には粒胡椒もいれてあります。まぁ、茄子と牛肉を炒めたってそこそこ美味しいのだからこんな手間かけなくてもいいのですけどね。おうちでつくるときはオーブンに放り込んでる間に前菜を食べられたりするので、そんな意味でこういうお料理が欲しいのよん。

ビーフと茄子のパイの断面2013917

断面はこんな感じです。ちょっとレフあてたのだけど光の量が足りなかった。まぁ、とにかくこんな感じで挑戦してみてます。上手につぶさずに切りたいよう~~~(涙)

お魚パイ2013917

A. マグロを水抜きしたもの(塩と砂糖を混ぜたもをの塗り、一日くらいおいたもの)、1の茄子と、枝豆アスパラをパイ包みにして200度35分ほど焼く。1人一つという感じて作ったのだけど.......

ダサいパイ2013917

これが悩みでねぇ、必要以上に膨らんじゃっておデブのパイ包み焼きになっちゃって、見た目だけでお腹いっぱいになっっちゃっう。沢山お魚使ってないのにメイン並のボリュームになっちゃった。この大きさをどうするかも悩みの種なの.....



~サンマのパイ包み焼き~


最近やっとサンマも安くなってきて、開きも結構安かったのでサンマの開きを買ってきました。

サンマ開いて2013917

開かれたサンマですが、いい感じの光。これをパイで包んで、美しさをすべて消してしまいます(笑)

サンマとサトイモと山椒2013917

C. サンマ2枚にサトイモの茹でたものに塩をふり、冷凍しておいた山椒の粒をのせて、オーブンで200度30分火を入れる。


サンマパイ2013917

まぁ、これが山椒の香りが閉じ込められて結構おいしいパイ包み焼きになりましたが、まだまだ研究の余地ありですかね。もう少し頑張らないとだめかもと反省の主夫太郎です。お魚のパイ包み焼きって白ワインにとっても合うなぁって思うのですが、いかんせん、こんなボリュームだと赤ワインにたどりつけません......まぁ、白ワインだけで終わりにすりゃいいのですがね(笑)





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

yumiさんパーティーの余りものウィーク(ホアグラ)

2013.09.21 08:00|おつまみ系
さて、yumiさんパーティーの余りものシリーズ!
惜しまれつつも(←誰が?)今日で終わりです!
余ったホアグラがあのお馴染みのお料理に。
さぁ、みんなもホアグラ買おう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

yumiさんご夫妻にお越しいただいたときにyumiさんにホアグラを焼いて頂きました。そのときの余りをいつものニラレバにしたのですが、更にあまったので、こいつを今日は茶碗蒸しにしました。茶碗蒸しに入れたのではなく、茶碗蒸しにしちゃったんです。

そういや、最近TVのCMで見て驚いたのですが、某ファミレスがハンバーグにホアグラを乗せたメニューを出すらしいですねぇ。日本でもフォアグラ、安くなるかもしれません。



ホアグラ裏ごし2013904

1.ホアグラを裏ごしして、血管や皮を取る。

焼くのだったら皮や血管はあまり問題はないのですが、茶碗蒸しは流石に滑らかさが命。ここは丁寧に仕事しましょう!裏ごしの目にはまっちゃうホアグラはちょっともったいない気もしますが、一生懸命濾せば殆ど無駄はでません。


ホアグラと卵2013904
2.裏ごしでカラザなどをとった溶き卵を加えホアグラを伸ばす

これを伸ばすときが結構大変。滑らかになるようにゆっくり伸ばしましょう。ここで短気を起こすとロクなことないです。



ダシも合わせて2013904

3.カツオと昆布でとった出汁に塩と醤油で味をつけ、2を入れ滑らかになるまで撹拌する。

ここも丁寧に伸ばします。僕は実は一度ここで裏ごしにかけてみました。殆ど塊がないように伸ばせます。泡だて器だと空気が入っちゃうので泡だて器は使いませんでした。

それからカミさんの帰宅に合わせて茶碗蒸しを始めたのでタッパにいれて冷蔵庫にいれておいたのですが、分離しました。でも、いちどよく撹拌してあるとすぐ均質な溶液になります。

と、注意書きにも書いたようにどうやら分離しやすいらしいので、この茶碗蒸し、圧力鍋でぱっと作ることにしました。圧力鍋の説明書にあるとおりにつくったらあっという間に簡単にできちゃう!!

ホアグラ茶碗蒸しを2013904

4.圧力鍋でおもりが動きだしてから10分で火を止め、ゆっくり圧力を抜く。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


さて、今日はアクセスの少ない土曜日!!そんな中、主夫太郎のブログに来て下さったのだからここはおまけでもう一品記事を書いちゃいましょう!!茶碗蒸しといえば和食ですから、これに合うお料理としてチラシ寿司をつくりました。今回主夫太郎のつくるチラシ寿司は完全手抜きです。
生姜のコンフィ2013904

手抜きの元はこれ!生姜のコンフィ!新生姜を千切りにして2度ほど煮こぼして酢と蜂蜜で煮たもの。へへへ。これをチラシ寿司の元として使います。
スズキを混ぜて2013904

スズキに塩と砂糖をして1日半ほどおいて水分をだしたものを使います。ん~~これも放っておくだけ。こいつを適当に切って、キュウリの薄切りと生姜のコンフィといい感じに冷めたご飯と混ぜて出来上がり。スズキがちょっとしょっぱいから塩味はしてませんよ。
スズキご飯2013904

ふんでこんな感じ。おいしそう?生姜のコンフィでお手抜きチラシ。おほほほほ。

ホアグラ茶碗蒸し掬う2013904

こっちは茶碗蒸しのアップです。もう少し固くてもよかったかな。でもちゃんと茶碗蒸しになってましたよ。臭みもなくいい感じでした。
午前様食卓2013904


今日は食卓まで載せちゃいます。前の記事と同じく、このお料理作ってたころはカミさんの仕事が忙しく午前様が続きました。モソモソとさっと食べられるものっておもいましてね、チラシ寿司にしたんです。沢山おかずあるとどうしても時間がかかって寝る時間が無くなっちゃうからねぇ。忙しくて大変だとご飯も充実しないというのがかわいそうですなぁ。その分、主夫太郎が手間をかけておくというわけ。みなさん「のろけてる」なんておっしゃいますが、主夫太郎はカミさんからお給料もらって主夫やってますからプロ意識ですよん、プロ意識。

といっても、そろそろ主夫太郎もネタ切れで息切れです。助けて~~~~。

さて、来週からまた普通のブログ記事がつづきますが10月上旬はちょっと主夫太郎が忙しいかもしれないので、
またお休みを何日かもらうかもしれません。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。