06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

オイルサーディーン

2013.12.21 08:00|獲物・収穫系
は~い!
元女子高生のみなさ~~ん!!
釣りシリーズも最後です!!

いや~たった一回釣りをしただけで随分と楽しませてもらってます。主夫太郎は何と言っても猪突猛進する癖があるので、なんとか舟が欲しいと思うようになりました。ん~~でも予算が!あはははははは。そりゃ予算がないとね。お!そこのお金持ちの主夫太郎ファン!!!僕に舟くれない?ランニングコストも含めてさぁ、そしたらパパって呼んじゃうよ、あははははははは。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イワシも大きいものから、小さいものまで釣れたのですよ!!小さいものはミルクパンに並べてちょうどいいくらいの数なんですけどね。こんな感じ。

小さなイワシを20131202

ん~手裏剣のようにきれいな青魚ですね。このサイズのイワシならばやっぱりオイルサーディンだと思ったのですよ。作り方はとっても簡単です。ってか自分で勝手に思いついたのだけど、これでいいはず。

ローズマリーとニンニク、イワシを鍋に入れ、材料が全てかぶるようにオリーブオイルを足し、65度程度で3時間ほど火を入れる。


イワシのオイル漬け20131202

こうなると冷蔵庫で結構長い間保存がききます。けど、楽しくなって一週間くらいでたべちゃいました、あはははは。人生我慢が必要ですねぇ。食べるものを我慢できないひとは太ります。

を焼きます20131202

もちろん、ピチピチ言わせながら火をいれます。な~の芸もないお料理ですけどね。そりゃ仕方ないですよ。材料が美味しいのだから。

イワシのオイル漬けを焼きました20131202

仕上がりも地味です。でもこれ食べるの楽しかったですよ。ちょっとお腹が開いていたりしますが、そのぶんオイルに匂いが着いてますから、野菜いためるときにちょっと使うと美味しいです。優しいバーニャカウダって感じかな。


猟・漁後記
お魚もお肉(鹿など)も人間の手でとるというのはとても大変なことですね。エンジン付きの船と魚群探知機があり、山ほどオキアミが用意されていてはじめてこんな釣果がえられますし、オフロードカー(ランクル)に超音速で飛ぶ弾丸を発射する機械、鉄砲があってはじめて鹿もとれます。罠はやったことがないですが、なかなかそれも大変だと思います。本当にタンパク質をとるって大変なことです。自然の恵みと人間の文明って真逆なイメージですが両方あってお互いを感じられることもあるのですね。良い勉強になりました。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

イワシも釣れました。

2013.12.19 08:00|獲物・収穫系
は~い!お魚好きの
元女子高生のみなさ~ん!!
今日はイワシですよん


またまた釣れたお魚シリーズです。正直イワシというのは下の下の魚だと思ってました。身がグスグスして目が妙に濁っていて臭くて苦くて....

というイメージが強かったのですよ。まぁ、海なし県群馬で少年時代を過ごした僕のもつイメージはそんなもんでしょうか。ところが、

違う、ちがう、チガウ!!

釣ってみると全然違います。釣ってすぐ氷でギュッとしめてやると....

立派なイワシ20131202

くぅ!たまらん!釣りは今後も続けたいです!いや~イマイチ伝わらないかもしれませんが、たまらないプリプリ感ですよ。刃物のような鋭さがたまりません。澄んだ瞳は何もしらない少女のようです!、あ、全て知ってる元女子高生のようです、あははははは。

勿論やきます20131202

もちろん、焼きますよ!!これがねぇ、釣った本人からすると新鮮さが伝わらないのが本当に残念なんだけどもね。もちろん捌いてオイルにつけて熟成を楽しむのも一つなんだけどね。この顔みたら焼きたくてたまりません。上のが「阿形のイワシ」、下のが「吽形のイワシ」です。あははははははは!!仁王様くらい偉いです。なんだイワシか!!って思いますよね、そこが残念だけど......

このイワシのある生活がとても幸せでした。


イワシのある生活B20131202

イワシのある生活1


イワシのある生活A20131202

イワシのある生活2

たまらないですよ。お刺身もあるんだけど、全然負けてないんだなぁイワシ。
僕がこの愛するイワシ君に思い切って手をくわえたお料理が...

つみれ汁20131202

イワシのつみれ汁

です。最初は味噌の味付けにしようと思ったのですがね。イワシを塩と卵白と一緒にミンチにしてお湯に落として、昆布は30秒弱つかいました。ネギでちょっと香りをつけて、お醤油はほんの2、3滴です。ん~幸せでした。何もしない勇気。これとても大切ですね。もちろん逆に手を加える勇気もね。本当に色々なレシピのサイトがあって本当に便利になりまして、僕も勉強になりますが「素材を見る」という一番基本的なことを釣りをすることで改めて気付きましたね。ブログの記事にならないような記事、あえて記事にしてみました。本来はボツネタ特集にでも行くものかもしれませんけどね。新鮮なお魚の魅力、伝わればいいなと思います。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

ちゃんと最後までお魚を

2013.12.17 08:00|獲物・収穫系
は~い!
元女子高生のみなさ~ん!
色々忙しくて、
訪問が遅れてます!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

命を最後まで頂きたいものですね。今日は主夫太郎自信のお料理(こんなことなかなか言わない)。とくに一番最後のお料理は主夫太郎ブログ上もっともおいしいお料理だとおもいますよ!

カンパチとイサキのお刺身20131128

yumiさんのご主人から頂いたカンパチと僕が釣ったイサキのお刺身です。イサキは皮をつけたものを湯引きしたものです。やっぱり皮つけると美味しいお刺身になりますね。まぁ、これは凄く普通のお料理ですけど、本当においしい。



カンパチの頭20131128

こちらはカンパチの頭を半分に割って焼きました。これ美味しいのよ!!本当は頭を割らずに焼いたら豪快だったろうけど、うちのオーブンだったら割った方がいいかなぁって思いました。ん~やっぱり無理はしない方がいいと思います。諦めるのもお料理の一部ですよね。


もろもろで煮麺20131128

鯵、カンパチ、イサキの骨や中落ちで綺麗にダシをとりました。一度沸騰させて捨てますがこのあとダシをとると本当に綺麗なダシになります。綺麗な汁の色でしょう。昆布はただくぐらせるだけっていう程度なんだけど凄く美味しかったですよ。作ったのは大すきな煮麺です。ちなみに素麺を45秒しか茹でません。温かい汁でいただくときは本当に固めに仕上げるのが好みです。45秒茹でたあと、水で粉を落とし、別に沸かしておいたお湯をかけてもう一度温めます。

船場汁20131128

こちらはサバの頭とお酒とお塩だけでとった汁です。何の薬味もつかってませんよ。そこに大根を入れただけの船場汁です。出典は「大江戸料理帳」という本です。

これはかなり新鮮なサバでないととれません。汁の色もほとんど透明で本当にサバの薄い香りだけです。この汁、主夫太郎がお料理初めて、間違いなくベストなお汁でしたね。またつくりたいです。ってことでまたサバ釣りたいです。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

我が家に魚がやってきた!魚が参って,,,,鯵です!!

2013.12.14 08:00|獲物・収穫系
は~い!元女子高生のみなさ~ん!!
前回に続いて
お魚のお話ですよ~

*忙しい日々が続いている主夫太郎です。今頃主夫太郎は伊豆の山の中。温泉につかってゆ~~っくりと!!!なんてハズがないんですよ。まぁ、そんなお話もいづれできればと思います。

今回ご紹介する釣ってきたお魚は、

鯵20131128

鯵!!

この他にもう少し小さい鯵もいたのですが、2匹合わせて一つのお料理にしました。しかし、釣ったばかりのお魚ってのは実に鋭い感じですね。手前にある備前長船の包丁と比べても、どっちが包丁かわかりません!ちなみに長船はおふくろと旅行した時にかってもらって、大事なものを切るときに使わせてもらってます。初めての釣ったお魚ですからね。こういう時に登場する大事な包丁。日本刀の職人が日本刀と同じ製法で作ってます。


鯵切り身20131128

どうしようか考えたのですが、生でいただくことにしたんですよ。ちゃんと3枚におろして皮をはいで、骨をとって一口大にして行きます。


鯵味噌塩醤油20131128

そんで和えるだけね。

味噌、醤油、塩と三つの調味料と生姜を合わせたものです。主に塩で味付けして、醤油で旨み、味噌で風味ってつもりでお料理しました。だからあっさりです。


初鯵20131128

こんな感じで茹でたホウレンソウだけを添えて。ん~いい感じで乾杯したくなりますよ。まぁ、お魚がシンプルで美味しいからこれ以上の説明のしようもないですけどねぇ。手抜きの記事だって?まぁ、そうかも知れませんねぇ。でもいつものことですが、手抜きの記事で主夫太郎らしさが無い方がアクセス数が多い不思議.....ん?みんな主夫太郎のこと実は嫌い?あははははははは。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

初めての釣り!

2013.12.12 08:00|獲物・収穫系
*主夫太郎は今日から金曜日までお出かけなのよん!土曜日は朝から用事があるので、みなさんのところに伺えるのは多分日曜日かと。タブレット端末を持って出かけるからできるだけのことはするつもりですけどね。

ブログでお世話になっているyumiさん(ポチリで飛びます)の旦那様に海釣りに連れて行って頂きました。いや~実に楽しいです!

yumiさんの旦那様はにお気遣い頂いたからだとは思いますが、色々なお魚を数多く釣ることができました。
初めての鹿猟シリーズが終わったばかりですが、今度は

初めての海釣りシリーズ

の始まりです!!!主夫太郎は遊んでばかりだなぁって思われるかもしれませんが、そうかもしれませんね。でもお食事を獲物から取るというのはとても楽しいだけでなく、食卓が楽しくなるんですよ。カミさんも喜んでくれてますからね。予算の範囲ではあるけれどもスキルアップをしながら今後も続けていければいいと思います。

出航20131128

ということで、朝早く船宿につき夜明けとともに出航です。この日はたまたま乗合の人が少なく、ゆったりとできました。竿も仕掛けもyumiさんの旦那様にお借りして全くもって投資なしの釣行です。ん~甘えてしまって済みません。

色々つれたのですが、僕が釣ったなかで一番大きなお魚から紹介しようかなって思います。

サバ20131128

サバ!!鯖!!SABA!!

です。カタカタ、漢字、ローマ字の3種類で書きましたが釣れたのは一匹です!
年齢をサバ読んでる元女子高生のみなさん!!主夫太郎も釣果をサバ読んじゃいました、あははははは。

ぷっくりサバ20131128

これがまた、新鮮だから凄いのなんの。以前に主夫太郎は売っているサバを買って捌いたら、身がグズグズしてきて全く食べられない状態になったことがありました。あれは酷かった!あのトラウマからか、ちょっと手が震えたのだけど、やっぱり新鮮なものは違いますね。本当に綺麗にぷっくりとさばけました!!

サバ頭20131128

ちなみにサバの頭、目の綺麗なところを一枚パチリです。目が澄んでますね。昔は主夫太郎も澄んだ目をした少年でしたが、いつごろからか欲に目がくらむ中年男に....ん~~~サバの様な目をした人間に戻りたいです。

さて、サバと言えば、食あたりが気になりますね。主な原因がアニサキスという名前の寄生虫です。こいつは普段はサバの内臓にいるのだけど、サバが死んでしまうと内臓を食い破って身のほうに移ってくるそうです。それを食べると人間がひどい目に合うという仕組みらしいですな。ということで、釣って船にあげた途端にお腹をさばいてしまいました。これで安心!!

なんの心配もないサバで一度作ってみたかったのが

シメサバ!!!!

いつものように実に適当なレシピ書くよ!!この適当さがよくないのかもしれないけど、そんなことはいいのさ!気にするのは化学的なお料理(お菓子とかね)のときだけ。好みに関わることは量なんて書きません!

サバ塩振り20131128

1.サバの切り身に雪が降ったみたいに塩をして冷蔵庫で1時間から2時間くらい

文字通り〆ますがこれでサバの固さと塩味がきまりますね。もっともサバの大きさにもよるでしょうから、僕は試しに1時間半くらいやってみました。ちょうどよかったかな。

2.酢と味醂を混ぜた溶液につけること10時間ほど。最後薄い皮をむいて切る。

僕の場合食べるまでに15時間ほどかかってしまいちょっと実の部分が酢で焼け過ぎてしまったけど、まぁ、ご愛嬌です。ってことで....



シメサバ20131128

ジャン!!!!!!!!!

きもち良いくらいのぷっくりとしたシメサバの出来上がりですよ。ん?こんなものレシピブログで紹介するまでもない?そりゃそうさ!でも楽しかったので一つの記事にしました!!


主夫太郎からの御礼:最終回に関するお題をブログでもFBでも頂きましてありがとうございます。まだまだ募集中!!です。もっとも募集だけしておいて全然何もしないのは何ですから、まずはハンバーグのお題を下さったヒカルちゃんからのリクエスト、オムライスに挑戦してみようと思います。記事としては年明けから不定期のシリーズにして、それで満足したら主夫太郎のブログはおしまい。「ん~~ひと段落して疲れたけど研究とまではいかないかな?」って思ったら引き続きお題を設定しますが、やっぱり終わりにする期限も後ほど設定するつもりです。ん~~期限を決めて著作物を作るなんて13か14年ぶりです(笑)





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。