10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

yumiさんパーティーの余りものウィーク(鴨カレー)

2013.09.19 08:00|エスニック系
は~い!元女子高生のみなさ~ん!!
秋が始まってしまいました。
呼んでる口笛♪もずの声~♪
というのは綺麗な歌詞ですね。
飲んでる熱燗♪あごの肥え~♪
って毎年主夫太郎が見つける「小さい秋」です。
食欲の秋、もう後戻りはできませんよ!!


それからヘルシンキのナウい君~~!そっちはもう寒いかい??フィンランドでも主夫太郎ブログをよろしく!北欧のパツキン女性も読者になってくれるかな?あははははははは。今日は我々青春時代のカレーを再現にチャレンジだ!!まぁあんまりナウい君とは行ってないけどねぇ、あのお店。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、今日も前回に続き、
yumiさんパーティーの余りものウィーク第二弾

です。鴨ってワインを飲みたくなるのは僕だけですかねぇ。でもこのお料理を作ってたころ、カミさんは残業もあってお酒を飲む機会がなかったんですよ。え~い!やけっぱちの高級カレーをつくります。鴨カレー!!しかも和風カレーです。どこが和風って?そりゃダシが和風です。

タマネギ炒めて2013901
1.タマネギ、すりおろしニンニク、すりおろし生姜、塩をいれて炒める。

ニンニクとショウガを入れないカレーを知らないですが、ニンニクとショウガとクミンを入れれば大抵カレーになることは知ってます。




我が家のカレー粉2013901

2.カレー粉をいれてゆっくり炒める。

我が家のカレー粉はビッグサイズです。これだと心置きなく使える。もちろんクラブスパイシー主催としてはスパイスを合わせて自分でカレー粉をつくることの方がおおいですが、沢山つくるとき、素早く作るときはこれに頼りますね~。べんりですよ!!



ダシを足して2013901

3.カツオと昆布でとった出汁で2を伸ばし、塩で味付けして冷蔵庫に一日いれる。

ここ!ここが和風カレーです。鴨南蛮カレーって感じですかね。カツオの出汁の凄いところは次の日でもおいしいってことかな。カレーをなじませるのにいいおダシです。ここまでが準備ですねぇ。



醤油とトマトで味付け2013901

さて翌日いよいよ食べます。お鍋に昨日のカレールーをいれてスタンバイ。スタンバイ・ミ~♪

4.チャツネで味を調え、トマトソース(またはホールトマト)を加えお醤油を隠し味でつかう。

さらにお醤油つかっちゃうよ!!これが和風の決めてです。

鴨を入れて2013901

5.鴨の皮目をしっかり焼き、スライスしたものを4に加えて火を入れる

ここの鴨はそれほど火をいれないようにしてます。まだ赤いでしょう。ん~~本当は鴨のロースト食べてもいいのだけど、これだとカミさんが帰ってくるのに合わせて焼きあげなきゃならないから、残業で遅くなるとちょっと難しくなります。電車の本数が少なくなるから、電話もらってからいつもの時間(一時間)で帰ってこられるか分からない。ってことでカレーにするにはそんな理由もありました。これなら帰ってきてからでもすぐお料理が出せるしね。


キャベツとズッキーニ2013901

6.キャベツとズッキーニを歯ごたえが残るように軽く炒めて5を加える。


我が家のカレーは以前高田馬場にあった夢民というカレー屋さんと同じく、キャベツいれます。
キャベツが入らないと我が家らしくないと言ってもいい。これが美味しいのよ。


我が家のカレー2013901

ってわけで我が家のキャベツカレーですよん。みんなカレーにキャベツって嫌がるけど、サラサラのカレーにはちょっと固めのキャベツが合います。ん?信じてないでしょう?そんなら主夫太郎のおうちに遊びに来ましょう!キャベツのカレーをご馳走しちゃいますよん。

さて、土曜日は本シリーズ最終回!!マダムyumiさんにふさわしい、あの高級余りもの食材が登場!!しかも今回に続いて和風に仕上げます。まぁ、土曜日はアクセス数が少ないからそんなに力いれなくてもよかったんだけどね。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

茄子キーマ

2013.08.01 08:00|エスニック系
は~い!女子高生のみなさ~ん
土曜日に主夫太郎は東北にでかけてきます!

ということで次回の更新はお返事がおくれちゃいますが許してくださいね。

梅雨があけたのだかあけてないのだか知らない、というよりどうでもよくなっちゃいましたねぇ。変な天気が7月末まで続いて、とうとう今日で8月。今年は北欧に行ったので沖縄旅行は無理そうです。まぁ、家でおとなしくお料理の勉強ですなぁ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちょっと前ですが、実家から沢山の茄子をもらってきました。これだけあるとなかなか楽しいですねぇ。ツヤのいい茄子です。

沢山の茄子2013719


一富士二鷹三茄子なんて、初夢に縁起のいい順番をいいますが、あれは徳川家康が最初に言っただの言ってないだの。一説によると茄子ってのは高級品だったそうです。ありがたいことに、今ではスーパーで買えますが、実家で作った茄子は香りもいい。それに、なんでか知らないけど夏の茄子は柔らかいですね。今日は秋のすこし固めの茄子では作らないお料理をつくります。


茄子みじん切り2013719

全部皮をむいて切って黒くならないようにうす~い酢水に浸けて黒くならないようにしました。まぁ、酢に関しては全くいらん工夫でした。あはははははは。実はこれで今日はカレーを作ります。茄子の栄養がどうのというのはわからないのですが、沢山の茄子をカレーのトロミにしますよん!実は茄子もらったときからカレー作るって決めてました。




タマネギ他2013719

1.玉ねぎ、すりおろし生姜、すりおろしにんにくを炒める。


まぁ、いつもの工程ですけど、ここが一番大変ですねぇ。玉ねぎのみじん切りがとくに大変。すりおろしにんにくと生姜は市販のものを使ってます。業務スーパーで大きいのを買ってきます。


スパイス入れて煮込み2013719

2.玉ねぎがすこし色ついてきたら茄子をいれてさらに炒め、唐辛子、クミン、コリアンダー、オールスパイス、クローブ、カルダモン、塩をいれさらに焦げないように炒める。

塩いれないとまずいですよ。とても重要なスパイスです。



この時点ではちょっと強めに感じるくらいの塩がいいですね。案外カレーには塩や油が沢山入っています。考えてみるとインドの人がこれ食べて、暑い国で暮らせるってことはスタミナも塩分もたっぷりですからねぇ。そりゃそうだなって思いますが、自分でつくるまで、カレーというのは野菜たっぷりのめちゃくちゃ健康な食べ物だと思ってました。


トマト入れて煮込み2013719

3.トマトを刻んでいれ、トマトがとけるまで煮る。

4.タッパに入れて一日以上冷蔵庫で保存する。


秋ナスでつくるなら、固さによってはミキサーにかけます。主夫太郎のカレーは即日たべれません。スパイスは時間をかけると丸くなって香りが一体化しますね。まぁ、これはルーですな。タッパにいれて一日休ませるとルーができあがり。今回はこのルーを使ってひき肉のカレーをつくりました。さぁ、ルーとひきミートをトゥギャザーしようぜ~!


ひき肉入れて2013719

4.ひき肉を炒め、前日作ったルーをいれ炒め、少々の水を足す。

キーマカレーと違ってひき肉はちょっとで、旨みを足す程度です。ここでスパイスが弱いなぁとおもったらちょっと足してみると、フレッシュな香りがしてきて楽しいですよ。ここはお好みですよねぇ。僕はたまにコブミカンの葉やクミンをちょっと足したりするのも好きです。

枝豆とチャツネ2013719

5.枝豆をいれ、チャツネ、必要ならば塩で味を調える。

キーマカレー2013719

じゃじゃ~~んって出来上がりです。夏っぽいカレーです。

僕はもう10年以上市販の固形ルーを買ってないのですが、あれだけ旨いと色々な食材に合わせるのが僕の腕ではむずかしい。こんなルーだと旨み成分が0だから、結構色々なものとあいます。小麦粉が入ってないので冷蔵庫で結構もちますし(3日くらい、温めると更に3日)、温めなおしてもそれほど焦げません。よかったら是非是非、数種のスパイスで簡単にカレーを作ってみてくださいな。クラブスパイシーの会長からのお願いでした。ちなみに大学時代のサークル、クラブスパイシーにはサークル歌がありました。忘れないようにここに書いておこうと思います。


付録

クラブスパイシーの歌 
                作詞:主夫太郎 
                作曲:主夫太郎

クラブ~♪クラブ~♪クラブスパイシ~♪

頂きますはちゃんと言おう~♪
ご馳走様もちゃんと言おう~♪

クラブ~♪クラブ~♪クラブスパイシ~♪

*お好きなメロディーでお歌いください。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

大根だけカレー

2013.03.07 08:00|エスニック系
総 理 に 伺 い ま す!

な~んて声を張り上げるムサイおじさんたちが集う国会の中継聞きながら原稿書いてるんですけどね。
僕のなかでは最高の総理っていまだに中村雅俊なんですよ。ゆうひが丘の総理大臣。あはははははは。
国会中継に総理はいるけど、木念(神田正輝)も由美かおるも藤谷美和子も岡田奈々も井上純一もいない。
ん~物足りないなぁ。なんでそのまんま東がいるんだよ!な~んて言ってる僕に選挙権があるのはもったいないですねぇ、あはははははは。


ずい分とゆる~く始まりましたが、台湾旅行記を書き終え、ちょっと脱力気味なんです。
もちろん全国のベテランギャルの皆様のために全力を尽くしたいとおもいますけどね。

================================================
今回主夫太郎には珍しくツクレポ!ツクレポって言ってもそのままではなく、アレンジを加えています、ってか勝手なことしてます。たまにはレシピ記事も書かないといけませんしねぇ。

さて、ちょっと前なのですがyumiさんの大根だけで作るカレー(ポチリで飛びます)にとてもビックリしました。yumiさんも料理研究家のナントカさんのレシピを参考にしたとのこと。大流行!っていう触れ込みだったそうですが、まぁ、そうなんでしょうかね。大流行に乗れたことがない主夫太郎。今度こそ乗りますよ!

もちろん大根だけカレーってのは具が大根だけって意味でしょうが、あまり他人のレシピを見ずに作り出すことにしたんです。


大根切れ端2013129
1.大根を大き目のサイコロ状に切る。

まぁ、書くほどでもないんですけどね。そりゃまぁね。大根だけカレーってくらいですから、大根切りますよそりゃ。



ニンニク生姜2013129
2.すりおろしたニンニク、生姜と唐辛子を炒める。

まぁ、そりゃねぇ。ニンニクとショウガが入ってないカレーってのも無理がありますからねぇ。これくらいはやりますよ。唐辛子はもちろん辛みですよね



この後なんですけどね。ええ、僕がわるいんですけどね、

ここまできてねぇ、どうも「大根だけカレー」がすごく美味しいって予感がしなくなっちゃったですよ。
正確に言うと僕には大根だけカレーを美味しくつくる自信が無くなっちゃいました。
だって大根とスパイスでしょう?もちろんそれが箸休めならいいんだけど、これがご馳走になるっていうとどうも菜箸がとまってしまいました。ホウレンソウとスパイスだけでカレーはつくるのだけど、あれミキサーにかけて甘味だすし....

すみません!大根は使うけど「大根だけ」はやめま~す。

ん~勇気がなくてつまづいてしまいました。でも相田みつをも言ってましたよね

「つまづいたっていいじゃないか大根だもの」
(↑権利関係大丈夫かなぁ)


トマト茄子セロリ2013121
3.セロリのみじん切り、ナス、トマト、大根を炒め、2に加えた後、クミン、ターメリック、オールスパイス、カルダモン、コリアンダー、塩、胡椒を加え香りがたつまで炒める。

あははは。セロリもトマトもつかっちゃったよ!大根ももちろんいれましたよ。これいれないと記事にならない。
大根しかないカレーも食べてみたかったけど、次回ですねぇ。

ベジカレ煮込み2013129

4.水を入れ味を見ながら塩で味を調え、コブみかんの葉(バイマックル)を入れ大根が軟らかくなるまで煮る。

チャツネ入れ2013129

5.チャツネを入れよく溶かしたら一日冷蔵庫で寝かす。

あははははは。チャツネまで入れちゃって、スパイス休ませちゃった。これ、単なる野菜カレーだね~。

ベジカレ2013129

ってわけで結局野菜タップリカレーの出来上がり。動物系タンパク質0のカレーを作っただけでした。
ん~yumiさんすみません。それにまた時代の波に乗れなかった......

でも大根ってカレーによく合う凄く美味しい食材だと思いますね~。

これは発見でした!

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

ホウレンソウカレー、ああ懐かしきクラブスパイシー

2012.12.11 08:00|エスニック系
前回のパンを焼いた記事に関して、「いきなりフランスパン?」っていうご意見が結構ありましたが、それは僕が何も知らなかったからです。あはははははは。知らないって凄いですねぇ。でもアドバイスも頂けて、このまま頑張ることにしました。今後もご支援よろしくお願いします。

それからブログのアクセス数が1万を超えました!ああ、まさかこんな日がくるとは!!!ブログを始めたのが今年の3月。結構早いような遅いような。でもメデタイ!!!


さて、大学時代、クラブスパイシーというサークルを作ってました。単なる仲良しが集まって変わった料理を食べるだけのあつまりだったのですがね。まぁ、一回だけ集まってカレーを作ったことがあります。あれあんまりおいしくなかったけど、いい思い出ですねぇ。あの時は沢山スパイスを使うと美味しくなると思ってました。そもそも方向が悪かったのだけどもあれから沢山の失敗をしましたが、いまではそこそこカミさんも食べてくれるカレーを作れるようになりました。

今日のカレーはとってもシンプルです。何を使うかというと....

ホウレンソウペースト20121.茹でたホウレンソウをフードプロセッサーでペーストにする。

ご存じ「サーグ」です。上京したての頃、カレー屋さんで緑のカレーが出てきたときはビビりましたねぇ。どうしようかと思ったくらいです。ところが今では自分でつくるようになる....人間は歳をとり、幾分の進化をするんですねぇ。


カレー玉ねぎ炒め

2.玉ねぎを柔らかくなるまで炒め、唐辛子、すりおろしニンニク、すりおろしショウガを加え炒める。

ニンニクとショウガはたっぷり目にいれますね。この写真は大き目の玉ねぎ一個を炒めてますがスプーンで大盛りのおろしニンニクとおろしショウガを加えてます。

3.火が通ったら、塩、胡椒、クミン、コリアンダー、クローブ、カルダモンを加え優しく火を通す。

え?スパイスってこれだけ?って思うかもしれませんが、まぁ、こんなものでいいですよん。
クミンとコリアンダーが同量。クローブとカルダモンはその3割くらいかな。結構適当にしても、クミンやコリアンダーがしっかりしてれば、不味くはならないとおもいますよ。カレーの味がしないからスパイスをジャンジャンいれてたりしてた時期もありましたが、これが大きな間違いでした。ただ、苦くなるだけ。実は一番大事なスパイスは塩です。まぁ、大抵のものは考えてみれば塩だけで美味しく食べられるんだからねぇ、あとは胡椒くらいのつもりで入れてればいいんですよ!これに気付くまでに3年かかりました!あはははははは。
ホウレンソウカレーペーストだ!

4.3に1のホウレンソウのペーストを加え唐辛子を取り出し、一晩寝かせる。

実は2日寝かせてもいいんです。冷蔵庫なら結構持ちますね。レンジでチンすればまた3日くらいもちます。スパイスを多くいれてしまったときは長く寝かせる方が馴染んでおいしいです。さて、このカレーペースト、旨みがないですよね。いいのいいの!旨みなんて後で加えれば!!僕だけが思っているのかもしれませんが、肉や魚の旨みなんて最後でいいと思うんですよ。確かにコトコト煮込んで抽出するお料理は美味しいですよ。でも、大抵の家庭料理ではお魚もお肉もその日食べたいものを買ってきて、や~~って料理して、バクってたべるんだから!だからカレーペーストなんてお野菜の旨みだけ引き出しておけばいいと思ってます。


そんで今日は何で旨みをつけるかというと....
タラにホウレンソウカレーを2012

タラだよ~~ん

5.タラに薄く粉をはたいてコブみかんの葉(バイマックルー)と炒めて4のホウレンソウペーストを入れ軽く煮る。

コブみかんの葉っぱは最近よく使います。
トマトソース投入2012

6.トマトソースを加え、全体的になじませる。

母の作ってくれたトマトソースを加えましたが、さらにシンプルに食べる時はいれなくてもいいかもしれません。旨みの補給って感じですね。お魚を煮すぎても美味しくないので、お魚に火がとおったら十分。ご飯にかけておしまい。甘味を加えたければチャツネをいれてもいいですね。

ホウレンソウカレー2012

まぁ、こんな簡単なお料理です。クラブスパイシーのときにしていた手間を考えると4分の1くらいですね。
いや~学生って馬鹿ですよ。でも人間って真剣に馬鹿をやる瞬間て必要ですよね。僕は真剣に馬鹿なことしてる学生だったらいくらでも応援したいですね。僕がそうだったから。

ん?お前今でも真剣に馬鹿やってないか?

ですって?いやいや、今は片手間で馬鹿やってます。もう少し思い切った馬鹿をしたいですが、主夫はそういうわけいきませんよね~。もうすこし立派に馬鹿ができるくらい賢ければいいなぁって思ってます。昔は今よりもすこしだけ賢かったんですよ。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

初めてのスパイス

2012.10.09 08:00|エスニック系
*昨日はおうちの大掃除で皆さんのところへの訪問ができませんでした。おうちは綺麗になったのですが、申し訳ないです。

さて、先週の土曜日は、久しぶりに芸術というものを味わってきましたよん。仲良くして下さっているブロガーの葉っぱさんが出演のダンスの公演です。ダンスに関して何一つ知らないもんですから、手を回したり、足を上げたり、背中を反ったりして2時間の公演?なんて思うとどんなものなのか想像ができなかったです。ところが行ってみると楽しくてあっというまでしたねぇ。セリフなんかが少ない分、色々考えたり、凄い動きに何も考えるのを忘れて、口を開けてみていたりと、僕自身も踊りと共に忙しく変化(笑)また是非来年見てみたい!と思う舞台でした。新しいものに挑戦する!というと何か構えてしまいますが、いままで知らなかったものを見てみるっていうのでも世界が広がります。芸術鑑賞は案外気軽に世界が広がるので今後もジャンジャン見てやろう!なんて思いました。実は公演前に葉っぱさんとお会いしお食事したのですが、そのときお土産に頂いたものが、今日の食材なんです。


こぶみかん2012みなさん、こちらのスパイス見たことありますか?月桂樹じゃないですよ。一度匂いをかいだらわすれませんよ。コブみかんの葉っぱなんです!バイマックルーともいいますが、あのトムヤムクンスープの香にも大きく関わってます。冒頭で書いたように頂きものなのです。コブみかんの生の葉っぱみたの初めてでした。もうすごくいい香り!帰りの電車のなかで、周りの人達が鼻をヒクヒクさせていました。



ガランガー2012
折角いただいたので、翌日これに合わせるスパイスをダッシュで新大久保まで買いに行きました。タイのショウガ、ガランガーです!なにか仮面ライダーに出てくる怪人みたいですね。ちなみに、生のコブみかんの葉は新大久保では手にはいりませんでした。新大久保では色々なものが売ってますが、何にしろ怪しい街ですよね。僕はダッシュで逃げてきた感じでした。



作るものは凄くシンプルなものにしました。

コブみかん炒め20121.玉ねぎ、ナス、ガランガーを油で炒める。

ガランガーは生姜のようであって生姜でないですねぇ。独特の香があります。これで生姜焼きつくったら、また変わった味になるんではないだろうか?って思いました。今度作ってみようかなぁ。



コブみかん煮込んで2012
2.鶏のもも肉に片栗粉をまぶし、軽く炒めたものと、コブみかんの葉っぱを入れ、塩胡椒で味付けして煮込む。

3.ココナッツパウダーを振り軽く煮込む。
ココナッツパウダーとコブみかんの香はケンカしますが、そのケンカ具合が面白いですね。


鶏肉と茄子のココナッツ煮込みコブみかん風味2012

まぁ、見た目は大したことないんですけどね。香がいいのよ!ガランガーにコブみかんにココナッツパウダー。
これがなんでもない材料達をなんとなく東南アジアのお皿にしてくれます。
んーーーーー。家に庭があればコブみかんを育てたいです。ああ、ブログで匂いを届けたい!!

さて、段々涼しくなってきて我家のハバネロも熟れる前に落ちてしまうのか心配になってきました。我家のハバネロとコブみかんが出会ってお料理になる時がくるのかこないのか。んーーー微妙だけど楽しみにしている今日この頃。早く赤くなれハバネロ!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。