04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

ツァイチェン台湾!~台北101にて~

2013.03.05 08:00|台湾
先日は「愛」をテーマにしてコメントを募集いたしましたら素敵なご意見を沢山頂きました。ありがとうございました。ん~ほっぺたが赤くなるような恥ずかしい言葉「愛」ですが真正面から向き合うってのも一年に一回くらいは良いのではないでしょうかね。

長い間ご愛読頂きました台湾旅行記事ですが、今日で終わりになります。本当にありがとうございました。

なんとなく、まだまだ続けたいなぁ~って思うくらい楽しかったのですが、今後少しづつ小さなネタは顔を出させることにしてここで一区切りです。ちょっとおセンチになっちゃうくらい寂しいです。
最後は何の記事にしようかとおもったのですがね。凄く普通なお食事レポートにしました。まぁ、ちょっとはおまけもつけますけど。なんといっても読者の中心はレシピブログの方々ですから、ここは正当なお食事関係の記事で締めくくろうと思います。
=====================================================================
台湾摩天楼2013215

台湾最終日に行ったのはこの台湾で一番背の高いビル、台北101です!
高さ505メートル、建設当時世界一高いビルでした。101階あるそうです。突出した大きさですねぇ。そういえば昔「101」っていう毛生え薬がありましたね。何でも凄い効果があるっていうんで、皆さんこぞってお買い上げしたのですが、副作用で命の危機さえあるというので発売中止になったと記憶してます。ん~もしこんなビルが頭に生えてきたら命賭け!っていうか、もう人柱ですね。僕も髪の毛のこと気にするときはありますが、命がけってことはない。でも切実な人にとっては切実。文字通り「命が毛」というくらいです。まぁ、そんなこと思っている内にビルに到着。

雲の上から2013215

最後のお食事は気張って高級中華料理。台北101の85階にある「欣葉」というお店です。この日は生憎の雨模様ですが、こんな風な眺望ですね。遠くまで見えます。

ランチで2700元(約、8000円)程のコースを注文。もっと高いものもあったのですが、おなかがそんなに空いてないのと、どうしても仏跳牆を頂きたかったので、比較的リーズナブルな(でも主夫太郎家には高い)このコースにしました。

アワビの柔らかに2013215

アワビの柔らか煮、エビのアーサー蒸し

アワビは本当に柔らかくにてありましたね。エビのソースは練乳が入った感じのソースで前菜としてはとても美味しかったです。が、もちろん、
仏跳牆2013215

フカヒレ入り仏跳牆

これは良かった!故宮博物院のレストランで精進仏跳牆も食べたのだけど、一応こっちも食べたかったから、これはゆっくり食べましたよ。スープが美味しい!先週木曜日のNHKクローズアップ現代で日本の「うまみ」が世界に注目されているってのやってました。ん~そりゃ「うまみ」はいいですよね。でもうま過ぎると不味くなるっていうのも間違ってないと僕は思う(僕だけですかね~)。この仏跳牆は本当にいい感じのおいしさ!スープはやはりウマすぎないのがいいです。日本の「だし」だって上品に引きますものね。

仏跳牆のフカヒレ2013215

フカヒレは結構大きいのですよ。ん~タップリです。干しナマコなんかも入っていたりして、結構凄い。値段の割にいいものを頂きましたよ!

グルーパーの蒸し物2013215

グルーパーの蒸し物

グルーパーとは「はた」の仲間だそうです。これはまぁまぁな感じ。

牛肉の柔らか煮込み2013215

牛肉の柔らか煮込み

中華でこういうお料理は難しいのかなぁ。コメントが難しい。もちろん美味しくないわけではないけども、オシャレすぎるお皿が続くのもねぇ、せめて牛肉は荒々しくてもって感じ。

北海道産ホタテ貝柱野菜炒め2013215

北海道産ホタテ貝柱野菜炒

まぁ、これは安定のおいしさです!しかし、ホタテはやっぱり北海道ですかね。そういえば北海道、カミさんと行ってないなぁ。今年は行こうかな。

カラスミのチャーハン2013215

カラスミのチャーハン

カラスミも買ったので、なるほどこうに使えばいいのか!とお勉強。強烈に美味しいというのではなく、カラスミの使い方をお勉強っていった感じかな。とても参考になりました。

デザート2013215

デザート

杏仁豆腐が本当にモチモチしていて美味しかったです。優しくふわりと溶ける杏仁豆腐もいいけども、こうやってモチモチっていうカンショクもいいです。是非是非真似できるようにしたいなぁ。溶けるような杏仁豆腐もすきですけどね。締めくくりとしてとてもよかったです。

謝辞:
長い長い台湾旅行シリーズにお付き合い頂きありがとうございました。レシピブログによるとある一定の割合でお料理の記事がなくてはいけなかったとおもうのですが、そんなこと関係なく、ときにはお料理に関係ないちょっと「おふざけ」な記事などもあり、レシピブロガーさんにはご迷惑をおかけしたと思います。にも関わらず、毎回こころ温まるコメントの数々ありがとうございました。主夫太郎のブログの半分は読者さんの優しさで出来ております。次回からはまたまたお料理中心としたブログになると思います。引き続きご愛読いただければ幸いでございます。



~お ま け~


101の地下にあるスーパーマーケットです。入り口もなんとなく写真のように小奇麗です。地元のスーパーは楽しいけど、何が売っているかといえば.......


101味噌売り場2013228

味噌です!日本の!!

101酢の売り場2013228

酢です!!日本の!!!

101セイント2013228

アニメキャラです!!日本の!(これはスーパーのとなりのおもちゃ屋さんかな)

そう!この他醤油だってお菓子だって日本で手にはいるものは殆ど手に入るんですよ。全く日本人が台湾に住んでも問題ないでしょうね。日本とほぼ同じ食生活がおくれると思います。それどころか!



こんなもの日本でもそう簡単に手にはいらないよ!!!!まぁ、日本は少なからず台湾に影響を与えているのでしょうかね。

こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

台湾で乾物のお買いもの

2013.02.28 08:00|台湾
こんにちは!剛力彩芽と蒼井優の区別がイマイチつかないでカミさんに笑われてる主夫太郎です。

ん~~いよいよ歳を取ってきた。鈴木保奈美と鈴木杏樹が姉妹に見えた学生時代と何も変わっていないような気もしなくもないですけどね。人も街も齢をとると少しづつどっかが劣化しますが、一方で味というのも出てくるのでしょうかね。僕もそういう風に味がでてくるといいんだけど、全くもって何の味もない。散々煮詰めたあともう一度干したスルメのような味気無さ。修行しないとね~。さて、今日は台湾の味のある街のお話。

==================================================



台湾の首都台北に「迪化街」(ゆうかがいって読んでました)と言われる場所があります。以前はとても繁盛したショッピング街だったのではないかなぁ。沢山のお店がならんでいます。ガイドブックなど読んでみると「カラスミ」が有名らしいので、主夫太郎夫婦も行ってみました。お目当てのカラスミを買ってみましたが、そんな話より、この街をそぞろ歩きすることがかなり面白かったのでそれを記事にしました。



乾物屋歩き2013226

そぞろ歩きの主夫太郎です。この乾物屋さんが並んでる雰囲気が伝わるでしょうか。カラスミを買ってあてもなくブラブラしてました。本当にごみごみしていて、見ての通りよく分からない乾物が店先にドンっておいてある。「量り売りします!」って感じ。道にも商品だしちゃていい感じです。実際観光客が買うのは袋詰めのものですけどね。




沢山の干しシイタケ2013226

そんで道に出ている物もちゃんと写真にとってみました。みて下さい!この干しシイタケの量!乾物の脇に立っているのはカミさんです。子供ではないですよ。これを一袋買って行く人は見ませんでしたが、まぁ、看板みたいなもんなんでしょうね。


乾物屋中II2013226

こちら店先です!迫力あるでしょう?山盛りになってるのはなんだかゴボウみたいな、そうでないような。木を削ったようなものです。袋に入っているものもなんだかわからないけど、ドライフルーツが結構ありました。台湾産のドライマンゴー、実際買ってきて食べたのですが凄く美味しい!台湾行ったら美味しいドライマンゴー探してみて下さい。

乾物屋中2013226

お店の中だって凄いんですよ!ほら!

ホタテ乾物2013226

綺麗にホタテが並んでいます。たまらん!手づかみでガッツリ口に放り込んでみたいなぁ。
よく見ると北海道産!つまり日本産なのよ。こんなに外国に輸出しないで、日本で安く売ろうぜ!僕は干したホタテが大好き!ん~読者の皆さんはご存じかもしれませんが、主夫太郎は干したホタテを「卑怯」って呼ぶくらいホタテの旨みを尊敬してます。
ナマコ2013226

ナマコもこんなに売ってます。ナマコをこんなに沢山売ってるところを日本ではしらないけど、ホタテもナマコも日本産が良いとされてます。ん~日本で買うより安いのか高いのか。まぁ、よく分からなかったのでちょっとホタテもナマコは買いませんでした。でも日本ってこう見ると干物大国なんだろうなぁ。


フカヒレ2013226

とうぜんフカヒレだって!凄い量でしょう?これはたまたま台湾産。ん~台湾産だったら安かったのだろうか。買って来ればよかったかなぁ。
おいおいおいおい!

なんだ主夫太郎!何も乾物買ってこなかったのか?

いやいや!今回は日本でいくらで売ってるか、ホタテもナマコもフカヒレも調べようがないので一応リスク回避!あまり日本で見たことないものを中心に買ってみました!まぁ、探せばあるのだろうけどね。


今回は
漢 誠 堂

ってお店でこんなの買ってみました!なんでこんなに大きくこのお店を宣伝するかというと、読んで行くと分かります。

燕の巣.

じゃじゃじゃ~~~~~ん

これは燕の巣です!ちゃんと巣の形になってるともちろん物凄く高いのだけど、欠けたりしたものはそんなに高くないです。もっともこれだけで、大体6000円(100g)くらい。もちろん大事に食べます!


網笠茸2013226


今回これが一番気に入ったお買いもの!網笠茸の干物です。ん~一度食べてみたかったんだな。その名の通り笠の部分が網状なんです。もう一袋買えばよかったのだけど、持って来たスーツケースが小さいやつだったので諦めました。


金針菜2013226


これは以前「山百合の花」と紹介したものです。実際はカンゾウという植物の蕾だとかなんとか(仙台麩と山百合ポチリで飛びます)。中国では金針菜っていうそうなんですが、どうしてそう呼ばれるのかわかりました。台湾産のってこんなに綺麗なんだ!以前記事で紹介したものと全然色が違う!使うの楽しみだなぁ。

ハスの実2013226


こちらは蓮の実です。どうやって使うか帰国してから調べるつもりで、えい!って勢いで買いました!
蓮の花ってすごく綺麗でいい匂いがするそうですが、実はどんななんだろうかな?

人参髭2013226


これは人参!髭人参って書いてありました。まぁ、朝鮮人参の髭なのか、それともべつのものなのか、まぁ、とにかく人参。これ欲しい!っていったらお店のご主人は、燕の巣を買ったからかもしれないけど、次の2品をおまけでくれたんです!人参と鶏肉と煮込みなさいっていいながら。


ナツメ2013226

干したナツメと....

クコの実2013226

クコの実です。

ちゃんと一回づつに分けて売ってくれたんです。今度台湾に行ったらまた漢誠堂で買おう!ん~素敵な買い物でした。これらでお料理するのが本当に楽しみです!!みなさんも台湾にでかけたらこの街、歩いてみてくださいね!


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

主夫太郎の漢字教室~台湾でお勉強~

2013.02.23 08:00|台湾
は~い!全国の元女子高生のみなさ~ん!今日は主夫太郎はお出かけで~す。

今日と明日はツインリンクもてきに行ってきます。ですので、みなさんの所に遊びにゆけません。最近不義理だらけで心苦しい。


実は漢字に詳しい(と思いたい)、主夫太郎博士です!あはははははは。博士って僕が言うとインチキっぽくていいでしょう?主夫太郎じゃなくて博士太郎!!ん?そんな人いたようないないような.....あははははは。

まぁ、実際漢字に詳しいかどうかは別にして、案外台湾の日本語表記や漢字について、皆さんが色々コメントして下さるので、お調子者の主夫太郎!今回は緊急企画!主夫太郎の漢字教室(ちょっと怪しい)です!

=============================================================

台北をプラプラしていると、漢字がよく目にはいるから、ついつい見ては解釈しようとしてしまいますが、なるほど!って思うことも、なんじゃこれはと思うこともあります。どっちも楽しいですけどもね。
ゲーム機2013215

電視遊楽器:ん~電視(テレビ)の遊び楽しむ機械。これゲーム機のことですね。ソフトも売ってるようですが。これは凄くなっとくする感じですねぇ。ゲームて外来語の音に合わせて漢字を充ててもいいとはおもいますけどね。でも、なかなかナイスです。
禁煙2013215

こちらはご覧の通り禁煙なんですけどね。ほお~喫煙では台湾の人には通じにくいのかもしれないって感心して写真。どうも調べてみますと、「草冠に於」は中国本土では公的には廃止された漢字らしいですが、煙の異体字だそうです。タバコを吸うとは言いますけどね、日本でも。台湾の人も禁煙でわかるかもしれませんがねぇ。そういえば友人が昔言ってましたが、「タバコ吸ってもいいけど吐くなよな!」ん~変わった友人でしたが凄く納得してます。台湾でも「禁止吐煙」とは書いてなかったですねぇ(笑)
春雨2013215

レストランでも見たのですがね、春雨ってどうも「冬粉」ともいうらしんですよ。どっちも使うのかなぁ。でもさぁ、季節ちがうじゃん!春と冬じゃ!雨と粉も大分違うけど、それは麺と材料の違いだと納得できなくもない。季節と旬の食べ物を大事にする日本人としては納得しずらい。まぁ、春雨の旬もないんだろうけどね、あはははは。

携帯を感じで2013215

こちらは携帯電話の充電サービス。駅は中国語では立つに占と書きます。ん~昔、駅には必ず占い師が立ってたんですかねぇ(笑)ところで「手機」で携帯電話だと思いますけど、手にもつ機械って携帯電話の出現までなかったのかなぁ?って考えちゃいました。すると案外ない!何か思いつきますか?日常で手に持つ機械!最初は手機?って思ってましたがなるほど「手機」でいいですよね。日本はもともと携帯電話という言葉が省略されて「携帯」って呼ばれてますが、考えてみれば携帯するものは電話以外にはいくらでもある!携帯っていうほうがむしろ変な気もしてきますなぁ。
カリフラワー2013215

さて、地元スーパーでも買い物をして感心しまくっている主夫太郎。色々なものを買ってみましたが、流石に生ものは買えない。ただ見てるだけです。台湾のスーパーは日本のスーパーとあんまり形態はかわらないので、安心して買い物ができますが、漢字見てると感心することしばしばです。この花、椰(やし)、菜ってなんだと思います。もしかして音に合わせているのかもしれないし、形状に合わせた名前かもしれませんが、

カリフラワー引き2013215

カリフラワーのことです!カリフラワーが一個130円くらいとは日本人の感覚では安い。台湾の人にとっては高い買い物かもしれませんけど。こんな価格で日本でも売ってたらいいのになぁって思います。しかしまぁ、よくみると原価65元って書いてありますねぇ。値引き感を前面に出して安さアピールは日本と全く同じです。こういうのについつい手がでるのは世界共通かな。

安全のしおり2013215

さて、この「安全のしおり」どう考えても日本語だけ浮いてる。中国語だと生きて逃げ延びる為の平面図だし、英語だと避難経路。しおりってなんだよ!しおりってのは。もちろんその実態は......

平面地図2013215

もちろん避難経路を書いたお店の平面図です!ん~火事にでもなって台湾人と英語圏の人は逃げ延びるけど、日本人だけこの字をみて
「しおり~しおり~しおりはどこだ~!」
「お父さんここよ!」
「違う!お前じゃない!安全のしおりだ!」
ってパニックになっているのを想像するとちょっと気の毒....まぁ、そりゃないだろうけどね。

タクシー乗り場2013215

これタクシー乗り場ですが、「道程を計る車」でタクシーってのはなかなかいいじゃない。タクシー乗り場って英語でRankなんですね。こんなのも勉強になっちゃう。この計程車(けいていしゃ)って音の響きもいいじゃないですか。作家の先生が純和風料亭かなんかでお食事をしている場面。

「女将、勘定を頼む」
「あら先生もうお帰りですか?いつも有難うございます。もっとゆっくりなさって行けばよろしいのに」
「いや、ちょっとこれから天空塔(スカイツリー)で秀紀君と待ち合わせていてね。どうもああいう流行りのところは好きにはなれないが、どうしてもって言うんでね」
「さようでございますか。ここから浅草ですと...計程(けいてい)でも呼びましょうか?」
「ああ、そうしてくれ、この間、大日本計程の運転手と口論になって面白くないから帝都計程にしてくれ」
「かしこまりました」

ってかっこよくありませんか?これがタクシーって外来語が入るだけでなんとなく雰囲気が悪い。
今後日本でも「けいてい」が流行ってほしい。

コカコーラ2013215

これは完全に音まねてます。「かくからく」ではなく「コカ・コーラ」楽しそうでいいですよね。曲線瓶ってのに惹かれます。まぁ、正確には曲面なんでしょうけども。ん?それとも複素一次元?あははははは。

キリン2013215

こちらはある語学学校の看板。キリン語学院って感じの学校なんですが、よく見ると「頸が長い鹿」でキリン。もちろん麒麟って字もあるんですが、あれは想像上の動物ですから、多分中国では通じないんでしょうね。キリンビールのあの麒麟とは似ても似つかない「首長(くびなが)ジカ」ん~こちらも日本で流行って欲しいですね。

「おとうさん!くびながじかだよ!」
「あぁ信次は首長鹿を初めてみるんだよな。本当にくびが長いよな」
「おとうさん、くびながじかって足もながいよね」
「あぁ、足も長いから水を飲むとき足を開いて水を飲むんだよ」
「へーくびながじかがお水のむとこ見たいなぁ。あ、くびながじかがこっちむいた!くびながじか~~!」

どうです。なんとなくキリンってよぶより家族の会話が暖かく感るでしょう?あははははは。
さて、そんな暖かい家族の会話と反対にちょっと身が引き締まる思いになるのは...
ラウンジ2013215

連 合 貴 賓 室!

共同のラウンジってだけなんですけど。ラウンジは貴賓室なんですねぇ。連合という字だけで、なんとなく連合艦隊指令長官を思い出してしまうのは僕だけでしょうか。山本五十六がこのラウンジの受付やってたら怖い。

(リーン、リーン)

「はい、もしもし、連合貴賓室の山本です」

「あの、連合貴賓室にはどうやって行けばよろしいでしょうか?今、〇〇にいるのですが」

「それなら三番昇降機でブリッジまでのぼり、駆け足で真っ直ぐ10分の1カイリのところで面舵一杯です」

「よ~そろ~」

なんて会話してそうです。行ってみませんでしたけど、もちろん中は軍艦のような作りになっているわけでなく、僕が羽田で体験したラウンジと大して差がないでしょうね。

さて、最後になりましたが、ホテルでの漢字観察!

柔和2013215

ん?ウォッシュレットって臀部(でんぶ)を洗うの?でんぶっていわゆる盛り上がってつプリッとした(年齢によるにせよ)ところでしょう?そこあらってどうすんのさ!それともここでも台湾と日本の漢字の違いがでているのかなぁ。助さんと格さんはあらってもしかたない。洗うのは真ん中にいる....(もともと落語のネタです。こんなネタ僕のオリジナルネタではないですよ!)

それから隣の「柔和」には驚いて笑ってしまった。たしかに物が優しいさまを言うのだけど、日本人の感覚だと柔和ってのは合わないですね、やわらか洗浄には。

「そのとき彼は片膝をつき、目をつぶって下を向いたままだった。いつもの眉間に皺をよせた厳しい顔ではなく、いつか一度だけ僕に見せた、温かいシャワーを気持ちよさそうに浴びているような、本当に柔和な顔つきになっていた。」

なんて文章みたら、台湾の柔和ウォッシュレットで顔洗ってる状況を想像しそうです。あははは。

長文ご容赦くださいね。









こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

レストランのはしご(若さ故の過ちをもう一度)

2013.02.19 08:00|台湾
色々とありまして、レシピブログの方々には不義理が続いておりますがご容赦下さい。(気のせいか昨日はレシピブログ調子悪かったような...)
*本日19日ただいま9時くらい、僕だけ?なぜか新着記事にゆけず、足跡ボタンが押せないのよ。どうしてかな。不義理がさらに続きそうです。


台湾シリーズは、今後はお食事と小ネタくらいです。色々なところに見学に行くという記事はなく、まぁ、教養派の方々にはたいへん申し訳がないと言う記事になると思いますが、それはご容赦。もともとそんなに教養もなければ頭もよくないのですがね。あはははは。

しかし最近頭をそれほど使ってません。感じるままに生きてますが、やはり感じるだけでは色々限界がありますねぇ。矛盾しているようですが、頭の悪い僕には、やはり学び考えることも必要なんでしょうか。学べば挫折し、考えても大抵はろくでもないことばかりなのですが、考えないと自分の吐き出す言葉と同化してしまいますね。まぁ、簡単にいうと自分に騙される。これがよくないなぁって最近思うんです。

さて、今日はその考えるってことを全くしないまま、感じるままに行動してしまったというお話です。

====================================

さて客家料理をお昼に食べた日の夕飯です。客家料理の記事はこちらからね(歴史のお勉強と客家料理のレストラン)

夜市とか、コンビニとかでジャンクに済ましてきたのだけども、あの客家料理のお店でスイッチが入ってしまい、夕飯もどこかのお店に行こうってことに。カミさんが永康街で茶器を見たいということだったので買い物に出かけたんだけど気に入ったものがなく、ふんじゃちょっと早いけど永康街で探そうってことでガイドブックを開くと餃子専門店があるとのこと!行ってみることにしました。

1.東門餃子館

餃子屋看板2013217

こんにちは!私たちの夕食は5:00事業を開始している。

ん~相変わらずイマイチな日本語だからギリギリ意味が通じる。故宮博物院の「私に近づきなさい」よりはいいけど、ネタとしては弱い!ん~頼む!ブログネタとしてもう少しはっちゃけてくれ!と思いつつパチリ。まぁ、こんな看板に行く手を遮られながらも10分弱だから待つことにしました。

餃子メニュー2013217

台湾といえば小龍包の名店が多くあるらしいけど、日本にも支店があるので僕としてはどうでもいい。やっぱ地元の人の食べる餃子が食べたいって思って入ったら、安いのなんの!豚肉の水餃子は10個で60元、つまり180円だ。王将よりずっと安い!ん~餃子好きにはたまらんだろうな。

もちろんビール2013217

もちろん、とりあえずビールで。あははははは。
しかし台湾ビールっていう銘柄なんだけど、だれがどう考えてもかっこいいなまえだ。だってさぁ、

「ニッポンビール」

っていうビールがあったらカッコイイじゃん。日本を代表してます!って感じで。ん~こういう日本を代表しちゃう、ストレートな名前のビール出す会社出てこないかなぁ。僕、絶対ファンになっちゃう。


さてさて、注文だけど、日本語ができるという店員に聞いてみると、豚、牛、野菜の3種類の餃子が水餃子、焼き餃子、蒸し餃子で食べられるとのこと。

「豚、牛、日本人すきね~。野菜だけの日本人きらい、でも台湾人大好きね~」

なんて言われると是非野菜だけの餃子も食べてみたい。豚は水餃子、焼きは牛餃子、野菜は蒸し餃子でチャレンジ!10個づつだから全部で30個だ!
焼き餃子2013217

焼き餃子の混沌んを見よ!ん~いいんだよ!並んでなくてもちゃんと10個あれば!



水餃子2013217

水餃子の盛り付けもかっこいい!ちょっとおちそうなのもある。いいんだよ!10個出したいんだよ!皿に合わせて8個の販売なんてケチなことしない!いいじゃないか他の餃子に乗っかっている餃子がいても!



蒸し餃子2013217

流石に蒸し餃子はちゃんと並んでる。まぁ、そりゃそうか!!

餃子断面2013217

野菜餃子の断面ですが、春雨も結構入っていてさっぱりしていて美味しいよ。

餃子の他にも色々メニューがあって、色々みてましたが、こんなのが気になりました。

ばら肉中国語2013217

豚のばら肉って「白肉」っていうんでしょうか。まぁ、訳はたまに怪しいからなんとも言えないけど。でも本当だとすると台湾の人にとっても、やっぱり脂身が主役なのかなぁ、ばら肉って。とても素直なネーミングだと思いませんか?


2.老郭川菜(認めたくないものだな、アホゆえの過ちというものを...)
餃子を30個平らげた時点で、まだお腹に余裕がありました。もうちょっと食べれば丁度良い状態。でも...実はガイドブックでこの永康街の近辺で評判のよい四川料理のお店を見つけていました。しかし、主夫太郎夫婦は40歳と39歳(ふたりとも40歳って書いてもいいけど、カミさんの強い主張でちゃんと書きました)。もう一軒入れるはずはないと分かっていましたが。ん~~~~

今度いつくるか分からないんだから、行っちゃえ!!

ってことで思い切ってそのお店の門をたたくことに。なんでしょうねこの「いつくるか分からないんだから言い訳」。アホって感じたままに無意味な行動取るときって自分の行動に正当な理由を付けたがりますよね、僕のことだけど。単なる「アホ」が理由なのにもっともらしいことを言いたい。本当のアホって理屈くさいですよね、あははははははは。

まぁ、そんなことはともかく、入ってみると、地元のお店だけあって日本語が全く通じない!お勧めを聞いたつもりで推薦の「推」の字書いたらオバサンが僕の肩を押し始めるというまさかの展開でした。確かに押すって意味の漢字だ!ん~漢字の使い方が違うらしい!良とか最高とか四川とかテキトーな漢字を書いて散々筆談した結果、

知らない野菜の名前2013217

こんな名前の野菜の料理があって、自慢料理らしい。もうわかんないから、頼んじゃえ!!いいんだよなんだって!このさい!どうせわかりゃしない!そんでもって出てきたのが、こちら!


知らない漢字野菜の炒め物2013217

典型的な炒め物。ひき肉はお店でたたいてあるのかな。ちょうどよいツブツブ感!ネギもてんこ盛り!これの他にたのんだのは、四川料理なので麻婆豆腐です!!


四川料理2013217

じゃ~~~ん


ごちそうさま四川2013217

じゃじゃ~~ん。


あはははははは。ん~~もう食べられない。完食だがキツイ。けど美味しかったぞい。そのツケが今の体重さ!さぁ、痩せよう!全国の元女子高生のみなさんと共に!



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

台湾旅行記小ネタでポン!

2013.02.14 08:00|台湾
さて、先日の記事大草原の小さな家に憧れてで読者様感謝企画のアンケートをとりました。アンケートにお答えいただいたブロガーさん、ご協力ありがとうございました。その結果、圧倒的多数で、

カミさんのブログジャック「隠居な男の妻ブログ」

ということになりました。ん~~予想以上にカミさんの人気が!良い勝負になると思ってたのですが...
てか、僕もしくは僕のブログの素材ってそんなに人気がないんですかねぇ(涙)、あはははははは。

ワインの好きな人にはワインとか、納豆かきまぜ棒とか、山クラゲとか、いぶりがっことか、干ホタテなどなど色々と計画を立ててみてたのですが、これはちょっと残念。ん~今度は3周年記念企画の時ですかねぇ。まぁ、僕の秘密は永遠に闇のなかですねぇ。

とにかく、カミさんも今から何を書こうか考えているみたいですし、僕もどうなるのかちょっと楽しみです。ちなみにカミさんの仕事は比較的カタい仕事でして、僕のような文章を書くのかどうかよくわかりません。温かい目で見て下さいね~

==================================================================================

さてさて、今日は台湾旅行記の中で1つの記事になりにくいネタを集めて一つの記事にしました。


1.スマホのば~か!

僕はスマートフォンを持ってから気付いたんだけど、スマートフォンが嫌いだ。そもそも電話以外の機能が多すぎる。タッチパネルは最初は、すごいなぁって思ったけど誤作動などが無いわけではなく面倒だ。みんなケースに入れてるらしいがご苦労なこった。電池もあまり長持ちしない。一応海外でも電話できるのでそれは嬉しい!インターネットやGPSのナビが使えるかどうか、それほど期待できなかったものの、ダメならダメでいいやと思っていた。で、台湾に到着してからそんな低姿勢な気持ちでスマートフォンを使ってメイルでも見られるかなぁって思ったとき出てきたメッセージが

うるへー2013213

「データローミングをオフにしてホームネットワークを離れたため、データ接続が切断されました」

うるせーよ!

この「IT関係者や一生懸命使ってるお客様は当然知ってる用語で説明するけど、分らなかったら君が勉強不足だからね」って態度はなんだよ!!別に「お客様の操作は契約上現在無効です」でもいいし、「もしサービスをご利用される場合はメニューから何々を選び手動で設定をオンにしてください」とか具体的な指示でもいい!俺の電話がなんで俺に親身にならず、今の状況を他人事みたいに扱うんだ!
あははははははは。

まぁ、そんなに真剣に怒っているわけではないけどね。無知は無知なりに使えばいいやって思っただけなんだけどさ。電話ではできたしね。



2.部屋飲み

一日目は夜市を訪れて凄く楽しんだのだけど、ワイルドさに圧倒されて沢山量を食べなかったのだと思う。
ちょっと夜市から離れると、おなかがなんとなく減ってきて、今からレストランもなんだから、食べ物とお酒を買いこんでお部屋でゆっくり飲もうってことになった。

釈迦頭2013213

これは釈迦頭(シャカトウ)っていう果物。お釈迦様の頭の形をしてる。食べると悟りを開けます。僕も悟り開けました。カミさんが以前台湾旅行したとき気に入ったので、是非僕にも食べさせたいとのこと。これ美味しかったです。なかなか甘いし洋ナシのような雰囲気もある。手でちぎって食べられる手軽さもあり、日本で安く売ってたら買いたいなぁって思うけど、あんまり見ないなぁ。台湾でもそこそこの値段がしたと思う(200円かもうすこししたかなぁ。)


果物はこれで十分だということで、今度はコンビニに行ってビールでも買おうか!ってことになりコンビニに行くと、日本とあんまり変わらないものが沢山売っていた。もちろん全く同じものでもないんだけど、ちょっとホットする感じになる。あ~日本と同じだねぇ~なんて言っていたら、おでんのあるべきところにこんなものが.....


コンビニゆで卵販売
コンビニ卵

お!味付けゆで卵だ!


中華料理の匂いがプンプンしてるぞ!カミさんは既に買うつもりでオタマに手をかけている!
まぁ、もちろん買ってもいいけど、よくみるとこのゆで卵「殻つき」だ!日本の過剰サービスをあざ笑っているのか、殻つきの方がいい感じの味がしみるのかそれは謎だった。とにかくおでんのゆで卵とは全く違う。

鍋の脇にあるこの商品の説明をアップしてみると.....

コンビニ卵アップ用

なになに......一個25円って安いな。人参や八角が入っているらしいぞ。よくわからないけど紅茶も入ってるな。まぁ、気になるのが「等多種配方」・・・など、多種なものを配合ってことか。ん~まだまだイッパイ入ってるぞ!ってのがいいね。お蔭で情報の殆どが隠されている気も(笑)。最後の4文字は香が濃くて味が染みてるってことかな。

さらに次をみると、伝承百年亀甲萬純醸醤油....でんしょう百年!凄い!!ふんでもって、かめこうよろず...ん?ん?キッコーマンか!!なんとキッコーマン醤油が入っているってのが宣伝文句らしい!これは日本人としてほこらしいぞ。しかも百年もあの醤油は続いているのか!勉強になるなぁ。最後の風味鮮やかってのもいいな。

しかしこの文章の左横チェックボックスなんだろう。チェックされてるけどさ。ん~謎だ!

コンビニ宴会

ってことでホテルに帰って宴会開始。台湾のビールは500mlで150円くらいだったと思うけどとにかく安いぞ安い!日本のビール(プレモルも売ってます)は高く売ってますが、日本とそれほど値段が変わらない。ん?日本で売るのと台湾で売るのが同じ値段なら輸送コストは0?ならビールと一緒に俺を運んできてくれ!なんて思ったけど、まぁ、ビール飲んで酔っ払ったらどうでも良くなっちゃいました。あははははははは。



3.お香たくさん!

これ実は最終日のお買いものの一つです。台湾の方々というのは多分ご先祖様、仏様を本当に大事にしてるのだと思います。ぶらっとある通りを歩いていると、沢山の「お香」屋さんがあって、山のようにお線香やお香たちが売ってました。実に無造作に売ってます。こんな感じで。

お香や2013213

どど~んと量り売り!これみんな違う香りがするんです。ぢっとみているとあるおばさんが話かけてきた。

「この香いいよ!とっても安いよ!」

あら、お店の人日本語話せる!なんて思ってしゃべっていると別の人がお店の奥から出てきて、そのおばさんと中国語で話をしだした。ああ、いつもの様に日本語が喋れる高齢な台湾の人か!と納得して、散々通訳をしてもらった。「ありがとうございます。日本語が出来る方がいて助かりました。このあたりにお住まいですか?」って聞いたら「私日本から来たのよー」わわわ!日本の人だった。ん~なんてややこしい国なんだ!まぁ、よく聞いてみると台湾出身で日本に住んでいるらしいとのことで納得。千葉の木更津に住んでるっていってた。出会いというのは有り難いものだなぁって思った。

さて、何種類か買ったのだけども.....

燃えるお香2013213

帰国後早速お香をたいてみました。このお香は中国の建物の形してますね。素敵ですけど、びっくりしたのは...


灰になったお香2013213


燃えて灰になっても形を保ってるんです!しかもたったまま。あしたのジョーだって燃え尽きて灰になったら座っていたのに、台湾のお香は立ったまま灰になります。ん~立ち往生した弁慶もビックリだ!

台湾にいったら如何でしょうか。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。