03 | 2017/03 | 04
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

主夫太郎

Author:主夫太郎

内容別に分類

自己紹介の他感じたままの文章

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

こんな桁いらんがカウンタじゃ!

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

主夫太郎、朝のワイドショー

2013.09.07 08:00|パーティー
は~い!ワイドショー好きの奥様~!!
さ~前回突然登場した主夫太郎の後輩!
明らかになるのは恋の行方か?友人の参加か?
はたまた人生の転機か!!

まぁ、今日はお料理は写真があるくらいね。すごく適当!それと主夫太郎はちょっとお出かけ。お返事が日曜の夜以降に遅れますが許してねぇ~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前回までのあらすじ:主夫太郎がお招きした、主夫太郎夫婦と15年以上お付き合いのある後輩の女性が「お友達を連れていっていいですか?」というメイルをよこす。主夫太郎夫婦はこの少なすぎる「お友達」という情報に右往左往。いったいつれてくるお友達は彼氏か?普通の友達か?それとも婚約者か????婚約者ならビンテージのシャンパンを冷やしていたからそれを空けるし、でなかったら白ワインでお茶を濁すつもりでいる。


「いらっしゃいましたよ~」

とカミさんの声!!耳の後ろの筋肉を緊張させて耳ダンボにしてもカミさんと後輩のキャピキャピ声しか聞こえない。なんだ!完璧に気配消してる。くのいちか?くせものか?

すると風をきるような音とともに、カミさんがさっと靴を脱ぎキッチンにダッシュしてきて斥候よろしく小声で

「男性だよ、男性」(←これくらいの声)

ん~~~~~!!流石カミさんだ。やるべきことをわかっている!まぁ、井森美幸でも吉永小百合でもなかったがそりゃ仕方ない。自分の人生に期待しすぎだよな。というので座る位置を男女ペア用にさっと変えてお出迎え~~。

「おじゃましま~す」

と後輩女性の声だ。僕もすごく冷静な表情を作って

「いらっしゃいませ~」

おお、ついに!いらっしゃったね~、いらっしゃったぞ!!後輩がいらっしゃった!!あははははは!!!ってテンションが妙に上がる。彼はなんとなく「ぬ~」って感じで彼女の後ろから小さく現れた。この気弱そうな感じだと腹立っても殴れない感じの男だ。たどたどしい自己紹介が済んで、さて、どうなる!シャンパン出すのかどうか。いよいよ聞かなきゃ。彼氏か?婚約者か?それとも単なる友達か???シャンパン出すかどうか決めなきゃなんだから凄く正当に二人の関係をきける!!

と思ったら後輩の彼女が.....

「スペインフェアでスペインのビール買ってきました~♪」


な、な、なに~~~!!!!

か、完璧なプロテクトだ!!!んんんんんん!!これじゃぁ、一杯目はビールじゃないか!ビールで始めないとおかしい!ご丁寧に冷えてるらしいし!ということで、結婚するのかそれとも単なる彼氏なのか、それともそれ以下なのかもさっぱり聞けない!というより、我が家にいっぱいワインがあるのを知っていてあえてビールを買ってきったってことは、「彼氏ではないのでお祝いもいらないです!」というシグナルだろうか?それとも普通に、というか我々からしたら能天気においしいビールを買ってきたのだろうか?ん~~俺たちがかわいそう。

ということで完璧にあちらのペースでパーティーが始まる。ビールにも合うと思うので前の記事の前菜と、

茄子の冷製2013821

茄子のマリネだしました。yuriさんの絶品!茄子のマリネのツクレポ(とオフ会)ではグレープフルーツでシンプルに作ったのですが、今回はさらに華やかに、つくりましたよ。レモン汁+塩+葡萄+トマト+パセリのマリネ液で作ってみました。シンプルさはなくなったけど、トマトのうまみがある分ゆっくり食べられる気がしてます。これはいつかスピンオフって感じで記事にしようかな。

まぁ、こんな前菜どうでもいいと言えばどうでもいい。所詮茄子だしな。茄子より彼氏だ。ってか、彼氏なのだろうか?でも凄~い甘~い会話もないぞ。こら、そこのベテラン乙女!彼氏ならのろけちゃえ!!そっちの方がわかりやすいから!!この期に及んで「お友達」はないだろうって気もする....が、葛藤。しかし、なんでカミさんは全然そんな話に触れないで呑気に茄子食ってんだろう....なんて思いながら、いつものスパゲッティをだします。

いつものスパゲッティ2013821

第2回あはははオフ会で紹介したものです。まぁ、もうこうなると大したもんじゃないですなぁ、我が家では定番だし!

ん~お料理作ってキッチンにいると全然話をその話にもって行けない。相槌などをうつくらいが精いっぱいだ!!
というわけで、冷製のお魚料理で時短料理。こうやって話を聞く時間を稼ぐぞ!!


魚のマリネ2013821

ヒラメのうま味引出マリネという記事と同じ作り方で鯛をマリネして、スモークサーモンは市販のもの。そんでトコブシ入りのサラダを添えました。トコブシとはちょっと値が張ったんだがそんなことはこの際どうでもいい。

まぁ、これもお料理自体はどうでもよくて、次の料理まで時間が稼げて僕も食卓に!!

そんで酔っぱらったふりして聞いてやった!



「と、ところでさ、彼は君の彼氏でいいのかい?」

ときくと瞬時に


「ええ、そうですよ」

と彼女が全く照れずに言う!!!

なんだよ!!!!!

そんなに照れないで言えるなら
最初に言え!最初に!!!



凄く勇気をもって聞いたのに、凄く明らかな質問をしたような感じになってしまったのがなんとも悔しい。一週間の悩みはなんだったんだ。まるで、「君、鼻の穴いくつ?」「二つですよ」って会話くらい明らかなことを確認したみたいな雰囲気になってしまった。しかも彼氏の方はきょとんとしてて、「説明してくれてると思ってました」とのこと。そ、そうだよね~~~!君がそう思うんだったら君は普通の人だよ。我々の後輩の彼氏にはもったいないからもっといい女探せ。いっぱいいるから!なんていうアドバイスはさすがにグッと呑み込んで、

「で、でさ、あのさ、どうなのよ。結婚するの?」

おれ偉いぞ。頑張ったぞ!勢いでここまで聞いたぞ!!!

「まだ、そんなお話はとてもとてもです」

と、彼女はイケシャーシャー!

君への思い♪イケシャ~シャ~♪
(涙そうそうのサビのメロディーでどうぞ)

と、夏川りみの歌声が聞こえてきそうだ!でも、絶対この年齢だし結婚まで視野に入れてる雰囲気だが、形式上「まだです」って言ってる感じだな。よしよしそんじゃ、それ逆手に取ってやろう!!(と0,35秒で判断した)

「あ、そう!実はさ、君が女友達を連れてきたらどうしようかと思ってたけど、男性を連れてきたので我々は一安心したのよ。だけどもどういう関係か言わないから困ってたんだ。結婚はまだ決まってない?あ、じゃぁ冷やしておいたビンテージシャンパンはいらないね~。白ワインでいいや。あ、君(カミさん)、シャンパンをセラーに戻しておいて~」

というと、

「え~~~~シャンパン飲めないんですか」

「だって結婚決まったらまた君うちに来るだろう!またそのときシャンパン飲まれちゃう。泥棒に追い銭、後輩にシャンパンだ。今度だよ今度。彼と一緒にきたら出してやる。あははははは」

ってことで一応、カミさんも僕も彼女も彼氏もほっとしたような笑いでひと段落。ここまでわかって安心して彼氏と喋るとなかなかいい感じの男だ。
仕事も聞いてみると堅い!うちのカミさんの仕事も堅いが彼の仕事も堅くってしかも某国営放送関係だ。ん~いい彼氏だなぁ、あははははは。あまちゃんの話で盛り上がった(彼の部署とは関係ないけど)

まぁ、御蔭で料理は適当なものばかりだ。僕も安心して、これからは火を使う料理。まずは簡単だけど、


鮎2013821

鮎のから揚げ。天然ものだよ!友釣りしたやつ。この鮎の話はまたあとだね。


子羊2013821

まぁ、これは子羊のグリルね。まぁ、なんでもないから解説は書かないけど、このころは心おだやかにお料理できました。
ん~よかったよかった。でも、みんな多分今日お料理の話は読んでないよね(笑)カミさんに原稿の段階でこの記事みせたら、


「今日の記事の料理の写真、挿絵にもならないね」

だってさ。そろそろお料理ブロガーも引退かな、あはははははは。

さて、次回は今回のパーティーの本当のメインの登場だよん!!ただ、ちょっと愛鳥家はかわいそうなので見ない方がいいと思いますので予めお伝えしておきます。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜)
ジャンル:日記

スクランブルで真面目なパーティー

2013.09.05 08:00|パーティー
*8月20日の記事(デンマーク1)で、きりまりさんとshoko♪さんへのお返事を忘れていて、昨日書いておきました。すみませんでしたm(_"_)m

は~い元女子高生のみなさ~ん!
今日は長文ですが、ちょっと気になる恋の話?
いや、恋ではなく勘違いの話?
ん~スペクタクル(←あんまり意味知らないけど)

*主夫太郎は最近は長文書くのを避けているのですが、今日はお料理がらまりの日記みたいなものなので、勘弁して頂戴。今後長い文章は避けるようにしますから。ごめんなさい!ごめんなさ~~い!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕とカミさんには共通の後輩がいる。それは大学時代からのお付き合いになるから大分長いお付き合いになっているので今更先輩後輩といった関係でもない。我々より二つ下で38歳(に今年なるんだか、もうなったんだかわすれた)の女性だ。これが、美人かというと、結構な美人でちゃんとした立派な大学もでて一流企業で働いていて、もちろん周りに男性などいくらでもいるのだろうけど、一向に結婚しない。少なくても僕は彼氏の話なんて知らない。まぁ、そんなことが幸か不幸か我々がワインでも本格的に飲みたいと思ったときには気兼ねなく誘って我が家に遊びに来てもらっていた。もちろんそのたびに彼氏がいるのかいないのか聞いて、いるなら連れてくればいいとおもうのだが、いつも「いない」という主張だ。

まぁ、それじゃ今年もワインでも美味しく頂く日でも設定して、彼女を呼んで一緒に飲もうかということになった。それまでは長い付き合いの彼女でも結構真剣にパーティーメニューを考えて、フルコース(に見える程度だけど)をこしらえて、それなりの雰囲気を出していたのだけども

「まぁ、彼女も長い付き合いだし、適当なお料理にして僕もガブガブと飲んで3人でバカになっちゃおう!」

という雰囲気で宴会の用意をしていた。

そんな気を抜いていた夏のある日、パーティの一週間前、彼女からカミさんの携帯にメイルが入った。

「もしご迷惑でなければお友達と一緒に伺っても良いでしょうか?」

カミさんと思わず目を合わせたが.....

「な、なんだこの情報量の少なさは....

というのが僕の最初の感想だ。そうだ冷製に、じゃなくて冷静になろう!!

まず、追加の人数が何人か聞こうじゃないか、そんでもって好き嫌いも聞かなきゃいけない。そうじゃないと準備ができないからねぇ。まぁ、そうなりゃ性別なんかもついでに教えてくれるだろう、きっと!!というわけでメイルに返信すると、

「お友達の人数は一人で、牡蠣がたべられません。小食で酒飲みです」

とのこと。
ななななななななに~~~!!!
これ必要最小限の情報じゃん(←横浜風の言葉)!!!

ん~~もう、これ以上聞けない...彼氏なんですか?なんて聞けないぞ。これは意図的に隠してるか全然関係ない人を連れてくるに違いない.....というのが僕の感想だった。

「なぁ、しかし、全く我々と関係ない友達連れてくるってことがあるのかなぁ。女の子連れてきてさ、『これ私のお友達です!今日は友人ともどもご馳走になります!ケチケチしないで沢山出してね!』っておかしくねぇか?やっぱさ、彼氏だろうよ、最低でもさ。それならこっちは大、大、大歓迎だしねぇ。彼氏ができたなんてめでたいから明日飲み会だっていいくらいだ。」

とカミさんに言うと

「普通に考えるとそうだけど、天然なところもあるし、普通に楽しい子を連れてくるかも。彼氏じゃなくてもさぁ、ものすごい私たちの喜ぶ人を連れてくるかもよ」

と言う。後輩の彼女はちょっと演劇に興味があってそっちの方になにか関わりがないわけでもないから、

「するってぇと、例えば吉永小百合とかかい?そりゃ俺舞い上がっちゃうな。あまちゃんは無理かなぁ、原田知世なら、俺、時をかけちゃおうかなぁ。なんだったら井森美幸でもいいや、同じ群馬県民だし。」

「時なんかかけたことないでしょ!それと井森美幸だって、『でいいや』っていうほど小物じゃないし!第一そんな人脈があるって聞いたことないよ。でも普通におんな友達連れてきたらちょっとがっかりだから、自分達が傷つかないように8:2で心の準備しておこう」

ということで、気楽なワインパーティーってのは変更して、一応フルコースをつくることにした。パーティーまでの一週間はカミさんとずっとこの話を中心に話していた。初めてのお客さんだと、お料理もイメージがしづらい。女性なら可愛らしいお皿を何種類か並べる方がいいし、男性ならがっつりとお肉を用意した方がいい。彼氏なら食事は彼を中心に振る舞うわけだが、それが小食ってなるとこれまたやりづらい。

な~~~~んて

シェフみたいな悩みを持つふりをしていた主夫太郎だけど、本当はお友達が彼氏なのかどうか気になって気になって仕方なかった。電話して芸能レポーターみたいに聞こうかなぁ「恐縮で~~~~す」とか言って.....なんて考えてみたり。

当日の朝になってもこの点は全く変わらないで同じような話をしていた。ただ、だんだん僕も楽しくなってきて勝手にイメージをふくらましていった。

「ん~、女優さんか、女優さんの卵とかでもいいけどさぁ、どっかのレストランのソムリエールつれてきたら凄い楽しいな、ワインのこと聞けるし」

カミさんもそれなりに考えて、

「輸入業者の営業部長さんとかでもいい。安くワイン買えるならかなりお得な人脈ができるよ」

という。

「でも、それなら彼女が既に安くワインを買ったって話してないかなぁ、聞いたことないぞ」

「やっぱ彼氏かなぁ」

また冷静になって僕が

「普通の女友達が俺んちにやって来て、パクパク飯食ってバイバ~イって帰るのって結構凄い状況だぜ。まぁ、学生時代ならともかくさ、もうアラフォーだしねぇ彼女も。それにその普通の女友達ってのもよくわからん家にくるのも気が引けるだろう。すんごい主夫太郎のファンとかだったら別だけど」

というと、

「でも一杯お土産もってくるかもよ。」

とカミさんは主夫太郎のファンのところはスルーだ。少し傷ついたが平気なふりをした。

「んんん~~~それは悪くないが....ってなると本当に彼氏ってのが一番つまらんなぁ。彼氏が芸能人ってのが一番いいけどな。真田広之とか渋いぞ!」

「誰でもいいけどさ ってか、その彼氏とは結婚するのかなぁ」

ってカミさんに言われて、
あああああああ!
結婚するってんなら
シャンパン冷やしとかなきゃ!!!

というので慌ててシャンパンを冷凍庫にいれてキンキンに冷やすことにした。

なぁ、でもさ、これさ、ヴィンテージシャンパンだぜ。何でもない友達だったらどうする?もったいないぞ!ケチな話してるんじゃなくてさ、これだけ俺たちがもりあがってなんでもなくてシャンパンの栓抜くのがっかりだ」

「そのときは白いワインでいいよ!」

というカミさんの強い決断があった(流石大黒柱!)。まぁそれでも彼氏だろう、8割以上彼氏だ、うまくいけば婚約者だ。だからメイルでの報告にならないように黙っているんだ!ってことで我々も準備をすすめた.....でも小食なんだよな!男って小食か?なんて議論が終わらず仕舞い。僕も一応男性だった場合のことを考えて、実家から送られてきた猪を料理することにした。女性なら嫌がる可能性もあるから考えたけど。まぁ、いいや!

ということでまずは前菜、というよりアミューズのレシピから。話の続きはレシピの後にね!

猪と玉ねぎと2013815

材料の猪、玉ねぎのみじん切り、キャラウェイシードです。ちょっと変わった香りを付けることにしました。
「すみません、猪がないんですけど!」というPCの前の貴女!!豚肉でいいと思います。

猪と玉ねぎ炒めて2013815


1. 猪、玉ねぎのみじん切り、ニンニク、生姜、キャラウェイを炒める。

ひよこ豆足して2013815

2.水に一晩漬けたひよこ豆をいれてさらにいため、塩で味を調える。

3.水をさして豆を柔らかくなるまでにて、鍋をあおりながら最後は水分がなくなるようにする。

一つ目の前菜2013815

ってことで一品目は猪でつくったカスレに、生姜のコンフィ。これならシャンパン飲んでもいいでしょう。










カミさんの電話が鳴って、彼女達は家の近くまできていて、部屋番号を忘れてしまって迷っているとのこと。慌てて男だった場合と女だった場合の着席位置を確認して、

「なんでもない女の子でも怒っちゃだめだよ。こっちが勝手に盛り上がっているだけなんだから!」

ということも確認して、カミさんが彼女達を迎えに出動して行った

いよいよくるぞ!男か女か?どっちだ!!!

ガチャリとドアが開いた音がして、カミさんと後輩の声がキャピキャピと聞こえる。

こら!久しぶりに会ったからってキャピキャピするな!!二人合わせてほぼ80歳近いのにキャピキャピしてる場合か!もっと大事なことがあるだろう!!!と僕はイライラしてみる。

まぁ、こう考えてみると「二人合わせて何歳です!」なんて表現はテレビでよく見るが、全くもって意味がないな。

って何の話だったっけ。そうそう、連れて来たのは男か女か?!




それは、なんと!!!


















アクセス数が一番少ない土曜日、次回でご報告です(好感度が地すべりしてますね~)。

ではでは。



こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:グルメ

友人の結婚記念のホームパーティー

2013.01.15 08:00|パーティー
すみません 大変不義理をしてます。

実は3連休で実家に帰っており14日の大雪の夜9時間ほどかけて運転して帰ってきたら、凍っている寮の入り口の坂を車が登れず悪戦苦闘!15日9時過ぎにようやく落ち着けました。眠いよ~

台湾の記事を推敲する暇がなく、予め用意しておいたネタです。

訪問その他、もう少し待って。ヘロヘロなのよ。




============================================



またまた去年のネタですみません。とても楽しいパーティーだったので記事にしようしようと思い大分遅れてしまいました。

12月に入ってから2度目のパーティーは、学生時代のサークルの友人が結婚するということで、ご夫妻を我家に招いてのホームパーティー。パーティーの記録と学生時代の思い出の記録を兼ねての記事です。主夫太郎の学生時代は何処かノスタルジックな記事になりがちですが、彼との思い出は結構明るい思い出が多く、思い出すのも楽しかったですね。結婚式にも参加させて頂きましたが、素敵な結婚式でした。そんなお話も含めて。


お茶の時間から来てもらって早めに始めました。実はサークルの友人といっても、再会したのは彼の結婚式の日で、実に17年くらい経っていたはずです。しかし、まぁ、彼は全くもって真っ直ぐな人間でしたね。変わらない。



信次君前菜

前菜、一品目はフェンネルを入れたラタトゥーユ、金時人参のムース、乾燥イチジクの赤ワイン煮です。

大したもんではないですが、お酒のみながら昔話。「あのころはとんがっていたねぇ」なんてねぇ。そうそう、主夫太郎はとんがった野郎でした。触るものみな傷つけるような、全身カミソリのような男。獲物を狙う野獣のような目をして都会の夜にたたずむみ、気に入らない奴がいれば蹴りやパンチをくりだし「すみません、え~~ん」と泣きを入れて謝るまでたたきのめす、そんな妄想をする男でした。彼も同様にそんな男だったと、同類の僕は分かっていました。
信次君ハム

こちらはいつものパーティーアイテムです。イベリコ・ベジョーダに卵レタスサラダ(卵抜き)です。人気ないんですよねぇ、卵レタスサラダっていう名前が。おもしろいのになぁ。

そう、僕と彼には共通の嫌いな奴がいました。亀畑(仮名)としておきましょう。ちなみに、カミさんも同じサークルでしたが、亀畑君のことがとても嫌いでした。ああ、もし読者さんに亀畑さんがいても気にしないで下さい。ただ単に亀田のあられが目についてそれをアレンジしただけです。もちろん僕らが嫌いな奴とは関係ない名前です。

「しかし、亀畑って嫌な奴だったねぇ。」

「ああ、あれは亀畑ってみんな呼んでたけど、人の名前じゃなくて、亀畑っていう「生き物」なんだよ。生物学上「亀畑」っていう生き物。だから人間だと思ったら理解できない。馬、羊、サル、亀畑。ああいう生態をもった生き物じゃ仕方ない」

なんて会話で盛り上がりました。ありがとう亀畑!初めて君に感謝するよ!君とは一生会わないが、一生楽しませてもらうよ、あはははは。ちなみに「人の陰口はいけない」ことは知ってます。でも誰にも伝わらなければ言ってないのと同じことだって、大人になった今は割り切れます。あはははははは。全然悪いことしてる気がしませんでしたねぇ。


信次君ホアグラ

信次君ブリオッシュ

さて、こちらはホアグラと付け合せのブリオッシュです。蒸して焼いた大根をしいて、粉をはたいたホアグラを焼いてのせて、林檎ジュースと炒めたエシャロットに赤ワイン、塩胡椒をふりに詰めたソースを掛けました。
このブリオッシュは彼の奥様が気に入ってくれたようで、レシピを持って帰って、年末に彼に作ってあげたそうです。ん~~~~新婚っていいですねぇ~~。


彼の新婚旅行はタヒチだったそうです。素敵な新婚旅行だったようで、お土産も頂きました。タヒチのバニラを頂いたのでお菓子に使ってみようと思います。




信次君お魚

タイとマグロのオイルマリネに、糸瓜と蟹と自家製ブルサンマヨネーズで和えたものを添えました。

彼の結婚式はとても素敵なものでしたよ。僕の結婚式では、よくある「花嫁のお手紙」が無かったのですが、彼の結婚式にはこれがあって、感動でした。自分が結婚式する前は「よくある演出」ってどうかと思いましたが、いざやってみると、やはり定番はいいですね。やればよかったかなぁってちょっと後悔。

信次君鴨

こちらは鴨のロースト。下にしいてあるのは、見えませんが、ズッキーニと芽キャベツのリゾット。チーズはサンタンドレです。

話を聞いてみると、彼も失業などをして大変苦労して今に至っており、幸せな結婚をしました。
ん~僕もなにか頑張らなきゃいけないなぁって思いながらも彼ほどの努力ができる気がしない。もう少し休むことにして、彼をお手本にしようとおもったこの日。学生時代のあのパワーに届かなくてもガッツリと地面に足を付いてもう一度何かに踏ん張ろうと思ったパーティーの夜でした。

タヒチウクレレにご機嫌





こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

パーティー当日!祝・結婚!!

2012.11.22 08:00|パーティー
*主夫の有給休暇を頂いて東北に一泊二日の旅をしておりましたので、まだ、皆さんのブログにお邪魔できておりません。すみませんねぇ。必ず伺いますよん!東北はまだ震災の爪痕は残るにしても元気を取り戻しつつあるようです。


さて、パーティー当日です!!11月3日の記事(文化の日のホームパーティー(今年も来ました!寒い日々))とあまり変わりませんけど、変わらないなりに工夫した後をご覧くだされ。

パーティー会場2012

今回は会場のお写真からです。あはははは。ネタが薄いからテーブルの写真も入れたのかって?あははははは、ばれた?ちなみにカーテンもテーブルクロスも同じ生地です。カミさんの結婚式でのお色直しのドレスと同じような色をえらんだんですけどね。ちなみに僕のこだわりはカーテンを留める紐(タッセル)。ブルーには金のタッセルがいい!!ってことで、値段を見ずに選んだらカーテンより高かった(笑)。

テーブルのお花20121110

一応素人ながらお花も用意しましたよん!器はブロガーの「いもさん」が紹介してくれた吉祥寺のおみせpukupukuで購入したオールドノリタケ。だそうです(汗)。実はこれ花瓶ではなく「ヘアピン入れ」だそうです。ん~~~昭和15年以前のものだそうで、少し傷みたいのがあるからそんなに高くはないです。ヘアピンを入れる専用の器があったなんて、ん~ブルジョア!!ちなみに黄色かったり緑だったりする実は我家のハバネロです。へへへ。かわいいでしょう?実がなるようになってからカミさんはハバネロが好きになったようです。



ホアグラとパプリカのムース2012

一品目はこの前と似てますが、パプリカのムース(今回は黄色)と先日作ったホアグラのパテ。あんなに苦労したのに、登場は一瞬です。それと単なるレタスをちぎったもの。レタスをちぎったものだけを添えたのはもちろん....

いつものハム

ハムとレタスが合うからんですよね~。僕のブログによく来て下さるかたにとってはもうお馴染み、イベリコ豚の生ハムです。自慢しないと元がとれないけれど、自慢するたび読者が離れそうな食材。ん~~~読者のお姉さま~!愛してますよ~~~~。


マンネリ野菜、でも大黒ホンシメジ2012


これはもうマンネリになってきたズッキーニのファルス。手前は大黒ホンシメジを網で焼いて、ブルサンを白ワインに溶かして加熱したものを掛けました。大黒ホンシメジって初めてつかったのですがかなり美味しいですねぇ。面白い食材ですがちょっとお高め。でも本当に焼いただけで美味しいです。見かけたらちょっと勇気をだしてみませう。


綺麗にみせようろしたサラダ2012



こっちもマンネリです。左はズッキーニとベビーコーンを茹でたものをカツオ昆布出汁のゼリー寄せにしました。ゼリーは塩と胡椒で味付けなので今回は色が薄いです。右は黄色い菊とカブとイクラのサラダです。まひまひゆかりんサラダ(ポチリで飛びます!)と同じ材料ですが色がちがいます。まひまひ妹サラダって感じかな。あははははは。

ウサギ2種

さて、本日のメインはこちらなんですけどね。これちょっと写真が悪いのよ。大分宴会が進んで僕がお酒飲んでるのもあるんだけどね。バロンティーヌは真ん中の形のいいところはお客様に出すし、ソースは残り全部かけちゃうし、そんなわけでちょっと粗雑なお皿のお写真。本当はもう少しいい感じなんですけどね。こちらのメインの記事は明後日の記事です。楽しみにしてくださいね~んがんっん!。




こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

文化の日のホームパーティー(今年も来ました!寒い日々)

2012.11.13 08:00|パーティー
*先日の記事で、ヒマラヤの岩塩だけど硫黄の匂いがしない、というご意見がありました。ピンク色の方は匂いがしません。黒い岩塩の方を購入して下さいね。


11月3日にお友達を招いてホームパーティーをしました。ええ、そうですとも!僕だって少ないけどお友達くらいいるんですよ!!僕自身が嫌われ者の部類とはいえ、なぜかお友達はいい人ばかりです。大学に入ったときからのお友達なんですがね。だからもう20年ってことになりますなぁ。お互い、だいたい同じ時期に結婚して、奥様も同世代。ということで奥様もお招きしてのホームパーティーでした。

詳しいことは控えますが、彼のお蔭で、ある大学の方に宣伝されて読者さんが何人かいるらしいです。知り合い以外の読者さんがいることは心強いです。彼はブログを始めた当初から僕のブログを応援してくれていて、とてもありがたい限りです。また奥様はハンバーグシリーズ(本ブログ左側の「内容別に分類」のなかにあります。)が面白かったとおっしゃって下さってこれもかなりの力になってます。

まぁ、ブログのことの他に何と言っても彼がいなかったら僕は大学というところを卒業してないと思いますな。科目登録の日程や試験の日程、宿題の提出期限と優秀な人の模範解答、さらに、レポート提出するときのレポート用紙と筆記用具とホチキスを貸してもらったりもしました。卒業式の日程なども彼がいないと全然分からずでしたしねぇ。まぁ、なんで彼がそういう細かい情報や物資を確実に得られたのかは今でも謎ですが、僕よりは諜報系のスキルがあったことは間違いないでしょうな。とにかく、久々にあってみると、相変わらずの切れ者で、大学を出たあと色々あって、気が付くと医学博士になっていました(ちなみに大学生のときは医学部ではないんですよ、僕も彼も)。



さて、そんな感謝しても感謝しきれない、有り難くて頭のいい友人に何をしたかというと.........

イベリコベジョーダ2012

じゃじゃ~~~~~~~~~ん!!

今年もこの季節がやってきました!イベリコベジョーダの生ハムです!!!あはははははははは。
10キロあるんですよ!!まぁ、骨含めて10キロですけどねぇ。計算上は一人2.5キロ食べられますが、食べると多分体の調子が悪くなります。まぁ、とにかくこれ買うと自慢したくて自慢したくてしかたない。一年間楽しめますからねぇ。自慢で元とっちゃいます。

ってことは何かい?お前は20年の付き合いがあって感謝してる友人をワザワザ家まで呼びつけて、ハムの自慢したってわけかい?って思う人もいるかもしれませんが......

そ う だ よ !

あはははははは。

どうです?僕が友人が少ない理由が分かったでしょう?あはははは。ん~~~~~~友人は大切にしなきゃって思うんですけど、何故か幾分迷惑をかける(笑)。済みません!許して下さい!でも来年も来て!!彼には、ほうぼうで「ハムを持つ友人がいる」という嘘みたいで本当の自慢をして元を取ってもらいたいと願うばかりです。


イベリコきり2012

ってんで早速イベリコベジョーダのハムを切ってる僕の写真(ブログの表現上、嘘、大げさ、紛らわしい部分があるかもしれませんがJAROには電話しないでね)。もちろんお友達にも奥様にも切ってもらいました。食べるより切る方が楽しかったりします。なんにしろお友達は医学博士ですから「この豚メタボだな」、と言いつつも切るのは上手い!切ったあと「縫合はどうする?」って言ってました、たしか。あははははは。

ハム、アミューズ2012

ハムとパンだけでもいいのですがね。お友達ご夫妻はお酒をのみません、どう楽しんでもらおうかと思ったのですが、いつも通りのものしかつくれませんでした。左は赤いパプリカのムース。右はちょっと色が悪いけどラタトゥーユです。母が送ってくれたトマトソースをつかいました。なんにしろハムの味が濃いでしょうから、両方とも動物性の味付けはしてません。野菜だけの味です。

卵レタスサラダ(卵抜き)

2品目もハムが脂っこいので、お野菜中心です。これが一つ前の記事の卵レタスサラダ(卵抜き)(ポチリで飛びます極意上段技披露!!)です。ん~~~~やっぱり人を馬鹿にしたようなサラダ。

野菜前菜2012

こちらは案外手間が掛かっているお野菜料理です。ズッキーニのファルスとコンソメに見立てたカツオのダシで作ったゼリーをズッキーニ、トマトと混ぜてチコリーの上に乗っけました。ファルスに使った卵とカツオだけが動物性の旨み。ズッキーニのファルスの作り方はこちらをポチリで飛びます(ズッキーニのキノコファルス)なぜか、今回はエビの香りが弱くしかしなかったなぁ。マイタケの質のせいかなぁ。ちょっと残念だった。



鳩2012

メインはお肉2種。このころにはハムも食べ終わってますから肉肉攻撃です。これは鳩です。以前記事にしました(ポチリで飛びます習作:鳩を隅々まで(お料理編))。ソースはなしです。塩胡椒だけ。奥がもも肉、手前が胸肉ですね。前よりスムーズにさばけたけど、これは誰かに教えてもらわないとこれ以上上手にさばける気がしない。ん~~~いよいよ料理学校か?

鹿のフリカッセ2012


こちらは以前も作ったけど鹿のフリカッセです(ポチリで飛びます鹿を簡単に~ジビエの勧め~)。以前の記事とちがうところはかたまり肉を使っているところと、ハーブはエシャロットのみでローズマリーを使ってないことかな。ラシャスのシェフに教えて頂きました。素敵なレストラン、ラシャスのHPはこちら(La Chasse)

あんまり覚えてませんがお友達が来て楽しいことを孔子様は、「友遠方よりきたりて笛を吹く」とか言ったんでしたっけ?まぁ、偉い人のいうことはよく分からないですがお友達が遊びにきてくれるのは嬉しいです。今度はハムもって出張しようかなぁ。そう、あなたの住む町へ!!

いつか~あなたの住む町へ~♪行くかもしれません~♪

って花の子ルンルン言ってましたが、群馬県渋川市には一度も来ませんでした。優しい嘘ってちびっこを傷つけますよね、あははははは。


こっちの地味なタグもポチッとして頂くと嬉しいです。

テーマ:料理日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。